簿記①5つのグループ

5つのグループ

仕訳のルールは大きく分けて以下の5つに分類される。
(1)資産
(2)負債
(3)純資産(資本)
(4)収益
(5)費用

資産

現金・商品・土地・建物・売掛金・手形

負債

借金・買掛金

純資産

=資本、自己資本
=資産-負債
簿記3級
=資本金
簿記2級
=資本金+(繰越)利益剰余金
※貸借対照表(決算後)

収益

=売上
費用等は考慮しない。100円で仕入れた商品を200円で販売した場合の収益は200円。

費用

商品代金、広告費等

資産・負債・純資産の例

貯金:500万
車:300万
住宅:1000万
→資産:1,800万
車ローン:200万
住宅ローン:500万
→負債:700万
純資産:1,100万

利益と収支の違い

利益=収益-費用
収支=入金-出金
利益=納税の為の計算結果
収支=儲け
以下の計上により利益と収支はズレる
・売掛金:未入金の売上
・減価償却費:複数年に分割して計上する費用
往々にして収支より利益は大きくなる(税金を多く早く払わせる為)
税金は利益に対して課税される
会社にお金が残らない本当の理由」参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。