簿記③仕入

商品を仕入れた際の仕訳について
5つのグループの内、「資産」に分類される
※増加分を左側に記入
「分記法」
トマト 1,000  |  現金1,000
「三分法」
仕入1,000  |  現金1,000
(1)1,000円分の商品を仕入れ、現金で支払った場合
仕入1,000  |  現金1,000
※左側:仕入(資産)の増加、右側:現金(資産)の減少
(2)1,000円分の商品を仕入れ、支払いは後日行う場合
仕入1,000  |  買掛金1,000
※左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加
(3)買掛金を処理する場合(↑の支払いを行う場合)
買掛金1,000  |  現金1,000
※左側:買掛金(負債)の減少、右側:現金(資産)の減少
(4)返品(仕入戻し)を行う場合
仕入 1,000  |  買掛金1,000
※左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加

買掛金 500  |  仕入  500
※左側:買掛金(負債)の減少、右側:仕入(資産)の減少
(4)仕入れにかかる費用(仕入諸掛り)300円の処理
A:仕入元が負担する場合=仕入(資産)
仕入 1,300  |  買掛金1,000
|  現金  300
※仕入諸掛りを仕入に含める
※左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加&現金(資産)の減少
B:仕入先が負担する場合=立替金(資産)
仕入 1,000  |  買掛金1,000
立替金 300  |  現金 300
※一時的に仕入元が300円を立替えるが、後々仕入先に買掛金とは別に払ってもらう
※1 左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加
※2 左側:立替金(資産)の増加、右側:現金(資産)の減少
C:仕入先が負担する場合=買掛金(負債)
仕入 1,000  |  買掛金1,000
買掛金 300  |  現金 300
※仕入元が300円を支払い、その分後々仕入先に払う買掛金を減算する
※1 左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加
※2 左側:買掛金(負債)の減少、右側:現金(資産)の減少
仕入 1,000  |  買掛金 700
|  現金 300
※仕入諸掛り分のみ買掛金から減額する記入方法も可
(5)「前払金(資産)」処理
前払金 500  |  現金  500
※現金を支払う時点では仕入(費用)を計上しない

仕入 1,000  |  前払金 500
|  買掛金 500
※商品が届いた時に計上。
その際、前払金が商品代金に充当される(前払金(資産)の現象)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。