DNSサーバー:BIND9

BIND9とは?

DNSサーバーのデファクトスタンダード。
世の中のDNSサーバーの大半で用いられているらしい。

インストール

BIND9
yum -y install bind

BIND9ユーティリティ
yum -y install bind-utils

ドメイン、サーバー定義ファイル
/etc/named.conf

ドメイン正引きzoneファイル
/var/named/(ドメイン名).org.zone

ドメイン逆引きzoneファイル
/var/named/(ドメイン名).org.rev

DNS

コンテンツサーバ(ゾーンサーバ)

ドメイン名をインターネットに公開する
(自ドメイン名に対する問い合わせに応える)

マスターゾーンサーバ

ドメイン情報(ゾーンデータ)を所有するサーバ
ドメイン情報は通常ローカルファイルを使用

スレーブゾーンサーバ

バックアップ用

キャッシュサーバ

クライアントの問い合わせに応える
ドメイン情報を持たず、過去の問い合わせ履歴をキャッシュとして保存する

FQDN

Fully Qualified Domain Name
完全修飾ドメイン名
インターネット上の特定のコンピュータを特定する文字列
ホスト名+ドメイン名
ホスト名
ネットワーク上のコンピュータを特定する文字列。
ドメイン名
インターネット上のネットワークを特定する文字列

正引き

Forward DNS Lookup
IFQDN→IPアドレス変換
(root)DNSサーバから目的となるホストのIPアドレスを知るネームサーバまで問い合わせを繰り返す。
office-yone.com(ホスト名) → 160.16.109.221(IPアドレス)
への変換

逆引き

Reverse DNS Lookup
IPアドレス→FQDN変換
IPアドレスを逆に並べ、逆引き用の特殊なドメインを付けて問い合わせる。
160.16.109.221(IPアドレス) → office-yone.com(ホスト名)
への変換

リソースタイプ

Type 意味
SOA Start of Authority ドメイン管理情報
NS Name Server ネームサーバー
MX Mail Exchanger メールホスト名
A Address ドメインに登録するアドレス
CNAME Canonical Name ホスト別名
PTR Domain Name Pointer IPからホスト名をマップする
TXT Text コメント

サブドメイン

メインのドメイン(例:office-yone.com)の他に、
サブドメイン(例:sub.office-yone.com)を設定する場合
①ゾーン設定ファイルを編集。サブドメインを追加する。

 エントリ名   タイプ   データ 
@ A XXX.XXX.XXX.XXX
(サーバーアドレス)
MX
CNAME @
www CNAME @
ftp CNAME @
mail A
sub CNAME @

サブドメイン名(例:sub)を追加する

② /etc/httpd/conf/httpd.conf を編集
#<VirtualHost *:80>
# ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com
# DocumentRoot /www/docs/dummy-host.example.com
# ServerName dummy-host.example.com
# ErrorLog logs/dummy-host.example.com-error_log
# CustomLog logs/dummy-host.example.com-access_log common
#</VirtualHost>


NameVirtualHost XXX.XXX.XXX.XXX(サーバーアドレス)
<VirtualHost XXX.XXX.XXX.XXX(サーバーアドレス):80>
 DocumentRoot /var/www/html
 ServerName ドメイン名(例:office-yone.com)
</VirtualHost>
<VirtualHost XXX.XXX.XXX.XXX(サーバーアドレス):80>
 DocumentRoot /var/www/sub
 ServerName サブドメイン名(例:sub.office-yone.com)
</VirtualHost>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。