通信回線インフラサービス

アクセスライン

アクセスラインとは?

=通信局~ユーザ間の通信回線
・ 電話回線(ADSL、ISDN)
・ ケーブルテレビ
・ 光ファイバー(FTTH)

NTTはアクセスラインのみを提供する

ISDN

Integrated Services Digital Network
=総合ディジタルサービス通信網
既存電話回線を利用した通信技術
1つの電話回線において
・ 2回線分の通信
・ 電話とFAX
等の同時利用が可能
ISDNとADSLの併用は不可
=デジタル回線

ADSL

Asymmetric Digital Subscriber Line
=非対象ディジタル加入者回線
既存電話回線の音声通話用には使用されない高い周波数帯域を用いた通信技術
下り(電話局→ユーザ)が速く
上り(電話局←ユーザ)が遅い
また電話局から離れれば離れる程遅くなる
=アナログ回線

VDSL

Very high bit rate Digital Subscriber Line
ADSLと同じく既存での電話回線を用いた通信技術
ADSLより高周波数を利用する為速いが、長距離の通信はできない。
通信局~マンション等の近くへは光回線を用いて、
マンション内はVDSL回線(電話回線)を用いる等の利用を行う。
(マンション内に光回線が無い場合等)

FTTH

Fiber To The Home
光ファイバーによるデータ通信サービス
電話回線の数十倍の速度で通信可能
既存の電話回線とは別にFTTH用の回線を新設する必要がある

アナログ・デジタル

アナログ回線

=昔からある普通の電話回線
音声を含めてアナログ信号で通信を行う

デジタル回線

音声を含めてデジタル信号で通信を行う

NTTサービス

フレッツ

NTTのブロードバンドサービス
F + Let’s IPService
Flat Fee
Friendly
Flexible

Bフレッツ

BroadbandのB
NTTによるによるFTTH接続サービス
プロバイダまでの接続がサービスされる。
プロバイダとの契約が別途必要
・ 10MB
・ 100MB
・ 1GB
の種類がある
フレッツ光=1GBのBフレッツ
フレッツ光のサービスに付加できる光電話を利用するには
Bフレッツ(10MBor100MB)を解約してフレッツ光と光電話サービスを契約する必要がある。
Bフレッツとフレッツ光の回線速度は同じ

フレッツ光

=NTTのブロードバンドサービス
=光回線
ユーザはフレッツ光(回線)の契約とは別にプロバイダの契約が必要

フレッツ光ネクスト

フレッツ光(プレミアム)とは別契約
・ フレッツ光=ネット、ひかり電話(オプション)
・ フレッツ光ネクスト=ネット、ひかり電話(オプション)、光テレビ(オプション)

フレッツ光ライト

料金が通信利用料に応じて2段階に変わる
ひかりテレビ×

フレッツADSL

NTTによるによるADSL接続サービス
・ 電話局までの回線を加入している電話回線と併用
・ フレッツADSL専用
の2タイプがある
プロバイダまでの接続がサービスされる。
プロバイダとの契約が別途必要

フレッツISDN

NTTによるによるISDN接続サービス
プロバイダまでの接続がサービスされる。
プロバイダとの契約が別途必要

ひかり電話

IP電話における光回線への接続サービス
フレッツ光の契約に加えて以下の契約が必要
・フレッツ光ネクスト
・フレッツ光ライト
・フレッツ光プレミアム
ひかり電話のみの契約は不可
光回線に接続できる電話機も別途必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。