Oracle エンタプライズマネージャー使用方法①一覧

エンタプライズマネージャーとは

Oracle Enterprise Manager Database Contorol
EMまたはOEMと呼ばれる
データベース全般のグラフィカル管理ツール
ブラウザから使用

以下を実行
・スキーマ・オブジェクト(表、ビュー、索引など)の作成
・ユーザー・セキュリティの管理
・データベースのメモリーとストレージの管理
・データベースのバックアップとリカバリ
・データのインポートとエクスポートなどの管理タスク
以下を表示
・データベースのパフォーマンス
・ステータス情報

プロセス起動/終了

コマンドプロンプト(Windowsの場合)等からクライアント(ユーザー)側にプロセスを起動する

コマンド 結果
emctl start dbconsole 開始
emctl stop dbconsole 終了
emctl status dbconsole 状態
→Oracle Enterprize Manager is not running.
→Oracle Enterprize Manager is running.

ユーザープロセスの起動に伴い、
Oracleサーバー側ではサーバープロセスが起動する。
dbconsoleプロセスが起動していればエンタプライズマネージャーは起動できる。
エンタプライズマネージャーにおいて対象DBの操作を行うには、
・インスタンスの起動
・リスナーの起動
が更に必要。

ログイン

URL
https://(ホスト名orIP):(ポート番号)/em/

使用ポート番号
DBA ファイル/ポート番号ファイル」参照

em1

デフォルトでEMにログインできるユーザーの一覧は「管理者」参照

ホーム

m2

em3

パフォーマンス

em4

em5

em6

サーバー

em7
Oracle エンタプライズマネージャー使用方法②サーバー」参照

スキーマ

em8

データ移動

em9

ソフトウェアとサポート

em10

設定

管理者

em13
スーパー管理者ユーザー

ユーザー名 接続モード
SYS SYSDBAモードのみ
SYSTEM Normalモードのみ
SYSMAN Normalモードのみ

SYSDBAユーザーを管理者として追加するとこの一覧に表示される。

ブラックアウト

em14

プリファレンス

優先資格証明

ジョブやタスク実行時、
・リスナー
・ホスト
・データベース
・エージェント
へのログインを自動で実行する為の設定情報
em11

em12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。