SEO:YouTubeSEO

概要

Google社が運営する動画共有サイト「Youtube」において上位表示される動画は、
Google社が開発したシェアNo.1のWEBページ検索エンジンにおいても上位表示される為、
YouTube動画によるWEBマーケティングは動画ユーザー、WEBユーザー両方に効果がある。
以下、動画共有サイト「Youtube」において、動画を上位表示(として有効と考えられる)させる方法。
Google検索エンジンの上位表示アルゴリズムと大部分は同じである一方で、
WEBページと動画という性質の違いによりアルゴリズムの一部にも違いがある(と思われる)

WEBページとの検索エンジン評価基準の違い

一覧

 WEBページ   YouTube 
タイトル(Titleタグ) 
説明文(Discriptionタグ) 
キーワード(Keywordタグ) 
コンテンツ 
視聴結果 
動画(ページ)数 
被リンク 
タグ 
チャンネル 

タイトル(Titleタグ)

WEBページにおいて重要であると同時にYouTubeに置いては最重要。
WEBページでは検索エンジンがコンテンツの内容も精査するのに対して、
動画であるが故に内容を測れないYouTubeでは(検索エンジンロボットは動画の音や映像を評価できない)
結果的に動画ページ内の文字情報を解析するしか方法が残されていない為、
その重要度がより高くなる。

説明文(Discriptionタグ)

検索結果が一覧表示された後、ユーザーに選択してもらう為の文章。
WEBページが重要ではあるものの、上位表示アルゴリズムには影響しないのに対して、
YouTubeでは多少影響していると思われる。

キーワード(Keywordタグ)

ユーザーには視覚的に見えないHTML内部に埋め込まれた文章。
WEBページでは上位表示アルゴリズムには全く影響しないのに対して、
(昔は影響していた。またGoogle検索エンジン以外では現在でも影響している)
YouTubeでは多少影響していると思われる。

コンテンツ

前述の通り、YouTubeでは動画内容は検索結果に影響しない。
なお、悪質な動画として報告されると悪影響あり。
また、動画が何分再生された等の再生結果は別の問題として大きく影響がある。

コンテンツ

前述の通り、YouTubeでは動画内容は検索結果に影響しない。
動画が何分再生された等の視聴結果は大きく影響があるが、
あくまでそれはユーザーの動画の評価を検索エンジンが評価した結果であり、コンテンツそのものが検索エンジンに評価される事は無い。

視聴結果

閲覧数だけでなく、ページ滞在時間、直帰率、離脱率、どこから訪問して、どこへ訪問するか?等
YouTubeではコメントやお気に入りの数の影響も大きいと思われる。
なお、悪質な動画として報告されると逆の影響あり。

被リンク

WEBページが評価の高いページからの被リンクが評価を高め、
かつ訪問者の数を増やすのに貢献するのと同様、
YouTubeでも同じ評価がなされると考えられる。

タグ

HTMLタグではなくYouTubeで使用されるジャンル等を細かく分類するキーワード。
WEBページにこの機能は無い。

チャンネル

HTMLタグではなくYouTubeで使用されるジャンルを分類するキーワード。
WEBページにこの機能は無い。

関連動画表示させる方法

YouTubeではサイト内の検索結果の前後左右に表示される「関連動画」からの視聴が最も多い。
YouTubeSEOの結果として上位表示されなくても、
人気動画の関連動画として紹介されればそれ以上の効果がある。

人気動画が使用しているキーワード自動画に盛り込む

・タイトル(Titleタグ)
・キーワード(Keywordタグ)
・説明文(Discriptionタグ)
・タグ
・チャンネル
前述の通り、検索エンジンは動画の内容を精査できず、人気動画と関連のある動画を文字からしか判定できない為、
これらに人気動画が使用しているキーワードを記述すると関連動画と見なされる。
結果、人気動画を視聴したユーザーが自動画を視聴する事に繋がる。
その際、魅力的なサムネイル画像を使用すると更に流入率が高まる。
※実際の動画と全く関連のないキーワードを多分に使用する事は悪質なSEO行為と見なされ、
表示外、または削除対象となり得る。
本当に自動画と関連のある人気動画のキーワードを使用する事が必要。

カテゴリーSEO