決算 流れ

概要

個人事業主及び法人が年に1回、
財政状態(資産や負債がいくらあるのか?)、
経営成績(いくら利益が出たか?)
を明らかにする事。

会計期間
決算の対象となる期間(1年)
期首
会計期間の開始日
個人事業主の場合:1/1
期中
期首から期末までの間
期末(決算日)
決算を行う日
会計期間の終了日
個人事業主の場合:12/31

流れ

試算表」の作成

決算整理

清算表」の作成

貸借対照表」「損益計算書」の作成

帳簿の締切

試算表

仕訳帳や伝票から総勘定元帳へ転記した内容が正しいか?を確認する表
・合計試算表
・残高試算表
・合計残高試算表
の3種類がある。
(総勘定元帳を元に作られる)

総勘定元帳

合計試算表

残高試算表

合計残高試算表

決算整理

試算表を元に暫定的な金額を確定させる処理。
・現金過不足の処理
・貸倒引当金の設定
・消耗品の処理
・有価証券の評価替え
・固定資産の減価償却
・引出金の処理
・売上原価の算定
・費用と収益の繰延べ、見越し
決算 決算整理」参照

清算表

試算表から決算整理を行った結果をまとめた表。
貸借対照表と損益計算書の元になる。

貸借対照表

財政状態(資産や負債がいくらあるのか?)を明らかにする表

損益計算書

経営成績(いくら利益が出たか?)を明らかにする表

締切