決算 決算整理

現金過不足の処理

帳簿上の現金残高 > 手持ち の場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金過不足  200  現金  200

(A)200円の不足が交通費(費用)の「未」支払であった事が後で分かった場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 旅費交通費(費用)  200  現金過不足  200

(B)そのまま決算整理する場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 雑損(費用)  200  現金過不足  200

帳簿上の現金残高 < 手持ち の場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  200  現金過不足  200

(A)200円の超過が受取手数料(収益)の未計上であった事が後で分かった場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金過不足  200  受取手数料(収益)  200

(B)そのまま決算整理する場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金過不足  200  雑益(収益)  200

貸倒引当金の設定

決算時、売掛金が残っている場合に行う費用計上
売掛金:1,000,000円、貸倒実績率:5% の場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金繰入(費用)  50,000  貸倒引当金  50,000

↓ (来期)

(A)貸し倒れ発生時 (貸倒引当金 < 売掛金:100,000円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金 
 貸倒損失(費用) 
50,000
50,000
 売掛金  100,000

(B)貸し倒れ発生時 (貸倒引当金 > 売掛金:20,000円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金  20,000  売掛金  20,000

(C)貸し倒れ発生時 (貸倒引当金:0円 < 売掛金:100,000円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒損失  100,000  売掛金  100,000

(D)決算整理時(貸し倒れ発生後の決算時)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金繰入  30,000  貸倒引当金  300,000

※貸倒引当金=売掛金×実質倒産率 の額まで一部または全額を補充する。

(E)決算整理時(貸倒引当金を減額する場合)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金  10,000  貸倒引当金戻入  10,000

※売掛金が少ない、貸倒率が減った等

(F)貸倒処理済みの売掛金を回収した場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  20,000  償却債権取立  20,000

消耗品の処理

購入時、「資産」として処理する場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 消耗品(資産)  10,000  現金  10,000

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 消耗品費(費用)  5,000  消耗品(資産)  5,000

※計上した資産の内、使用した分だけ費用とする。

購入時、「費用」として処理する場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 消耗品費(費用)  10,000  現金  10,000

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 消耗品(資産)  5,000  消耗品費(費用)  5,000

※計上した費用の内、残った分を資産とする。

有価証券の評価替え

有価証券:株式、国債、社債

購入時

1株10,000円の株式を10株、手数料:1,000円を現金で購入。

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 売買目的有価証券(資産)  101,000  現金  101,000

購入代価:100,000円
付随費用:1,000円
取得原価:101,000円

売却時

+-ゼロ時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  101,000  売買目的有価証券(資産)  101,000

+時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  105,000  売買目的有価証券(資産) 
 有価証券売却(収益) 
101,000
4,000

-時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金 
 有価証券売却(費用) 
101,000
4,000
 売買目的有価証券(資産) 105,000

決算時

購入時と決算時の評価額の差額だけを計上する。
+時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 売買目的有価証券 1,000  有価証券評価(収益)  1,000

-時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 有価証券評価(費用)  1,000  売買目的有価証券 1,000

固定資産の減価償却

固定資産:長期に渡って使用する資産
土地、建物、備品(机・椅子・パソコン)、車両等

購入時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 車両  1,010,000  現金  1,010,000

購入代価:1,000,000円
付随費用:10,000円
取得原価:1,010,000円

売却時

+時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  1,050,000  車両 
 固定資産売却 
1,010,000
40,000

-時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金 
 固定資産売却 
970,000
40,000
 車両  1,010,000

決算時(直接法/間接法)

資産の使用分を費用として計上する際の減少させる対象
・資産そのものとするか(直接法)
・減価償却累計額とするか(間接法)
直接法

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 減価償却費(費用)  100,000  車両  100,000

間接法

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 減価償却費(費用)  100,000  減価償却累計額  100,000

引出金の処理

期中に、私用でお店等のお金を使った場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 引出金  100,000  現金  100,000


決算時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 資本金  100,000  引出金  100,000

売上原価の算定

仕入れ時に費用として計上した在庫(商品原価)を資産に再計上。
仕入時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 仕入  100,000  現金  100,000


期末:決算時(半分が残っている場合)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 繰越商品  50,000  仕入  50,000

棚卸し:在庫を数える事
期末商品棚卸高:棚卸しの結果により算出した期末の商品原価。
期首商品棚卸高:棚卸しの結果により算出した期首の商品原価。

翌期首

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 仕入  50,000  繰越商品  50,000

費用と収益の繰延べ、見越し

費用の繰延べ

支払った費用のうち、来期分を除く処理
kurikoshi
※4月に費用として計上した保険料のうち、来期分(3ヶ月分)を除外する
保険料支払い時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 保険料(費用)  12,000  現金  12,000


決算時(繰延べ)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 前払保険料(資産)  3,000  保険料  3,000

※科目に応じて前払家賃、前払利息となる

翌期首(再振替仕訳)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 保険料  3,000  前払保険料  3,000

収益の繰延べ

当期に受け取った収益のうち、今期分を除く処理

不動産収入受取時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  12,000  受取地代(収益)  12,000


決算時(繰延べ)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 受取地代  3,000  前受地代(負債)  3,000

※科目に応じて前受地代、前受利息となる

翌期首(再振替仕訳)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 前受地代  3,000  受取地代  3,000

費用の見越し

来期に予定している支払のうち、今期分を処理
mikoshi
借り入れ時(1年後の利息:1,200円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  1,000,000  借入金  1,000,000


決算時(見越し)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 支払利息(費用)  900  未払利息(負債)  900

※科目に応じて未払地代、未払家賃となる

翌期首(再振替仕訳)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 未払利息  900  支払利息  900


支払い時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 借入金 
 支払利息 
1,000,000
1,200
 現金 
 現金 
1,000,000
1,200

収益の見越し

来期に予定している収益のうち、今期分を処理
貸し付け時(1年後の利息:1,200円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸付金(資産)  1,000,000  現金  1,000,000


決算時(見越し)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 未収利息(資産)  900  受取利息(収益)  900

※科目に応じて未収地代、未収家賃となる

翌期首(再振替仕訳)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 受取利息  900  未収利息  900


受け取り時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金 
 現金 
1,000,000
1,200
 貸付金 
 受取利息 
1,000,000
1,200