なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

お金

会社の本質

会計でもシステムでも戦略や組織でもなく、価値を生み出す生態系
お金を稼ぐには差別化が必要
差別化=独自性の訴求=個人が自分の使命を真摯に果たす事

お金の重み

日本のお金:労働力、技術力を糧に加工貿易で価値を生み出す。過去の実績を重視
欧米のお金:将来を重視
中東のお金:土を掘ったら沸いて出た石油を売って作る

不安/欲望

生命保険:保守的な人向けのビジネス
ギャンプル:楽観的な人向けのビジネス
両者の割合は同程度

お金のステップ

1. 使う:お金のエネルギーを物質に変換する
2. 貯める:エネルギーと可能性を蓄積する
3. 稼ぐ:社会への価値提供を通してお金を得る
4. 増やす:お金のエネルギーを価値創造の力に変換
5. 流す:お金のエネルギーを社会に循環させる

コミュニティ

新しい3層構造

個人間ネットワーク:国家、企業を超えて網状に増殖

企業:国家の枠組みを超えて増大

国家:国家の役割は縮小

個人間ネットワークで評価(信用)される項目

・ブログ、出版物、ウェブページの量・質
・SNSのコネクションの量・質
・学歴、職歴、出自、住所、受賞歴
・年収、納税額
・容姿、年齢、言葉遣い
・使用言語
個人はインターネット上で上場していると見なせる。

ニーズ

先進国ではモノは余っている
人は「つながり」と「物語」にお金を投じる。
過去に積み上げてきた関係・つながり、
将来生み出すであろう価値、その物語への参画意欲を求める

信用の高め方

信用=(専門性+確実性+親密度)/利己心

アイデンティティ

個人間ネットワークでは「個」などない
「個」と「個」を結ぶ「関係」があるだけ

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか

概要

起業方法、経営方法に関するアレコレの指南書
メインはビジネス3要素の中のプロフィットモデルだと思いますが、それ自体は
ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか
で述べられている事の最新版。
しかしこれ以外の著者の哲学的な部分がとても面白いです。

ビジネス

ビジネス3要素

1. バリュー ・商品価値
・ミッションが社会価値に結び付いたもの
・ビジネスはミッションを社会に還元する作業
2. システム

・プロフィットモデル
バリューでは差別化できない。システムで差別化する。
複数のモデルを組み合わせると強い
3. クレジット

・信用
プロフィットモデル

1. 顧客 ・個人
・法人
・政府
2. 商品 ・商品そのもの
・周辺商品
・共感
3. 課金方法 ・都度払い
・定期払い
・重量制/成功報酬制
4. 支払方法 ・本人払い
・カード払い/引き落とし
・第三者払い(親・恋人)
5. 資源 ・自己調達
・バーター
・参加メンバーの数(SNS型)

その他

「生きる」の定義

何かと何かが分かれていない状態
手段と目的が分かれていない
現在と未来がわかれていない

幸福の要素

・個人が社会へ関わっている事
・社会が個人を許容する事
要するに人から認められる事

法人の定義

価値、意味を持つ有機的な存在
キャラクター、痛みの様な情緒を持つ事を伝えられると良い

ビジネスの在り方

・ロゴス(論理)
・パトス(条理)
・エトス(倫理)
を全てバランス良く持つ事

社員/顧客との関わり方

・全人格でなく優秀な部分にフォーカスする
・個人としては「モノ」ではなく「人」として接する
コミュニケーションは質より量
・相手は自分を映す鏡
相手の正義を受け入れる事=自分を受け入れる事
・感謝する事/褒める事
相手に感謝する/褒める事で相対的に自分の価値が下がる事を受け入れられる強い心を持つ
・面倒くさい奴にならない事
優秀さ = 能力 × 謙虚さ

マネーの拳

ボクシング世界チャンピオンが引退後始めたビジネスの話
・自分に都合の良い嘘を付かない。嘘を真実に変えてしまう
 周りもやっている等、他人の所為にしない
・良いビジネス=設備投資:小、売上が外部要因に左右されない、在庫:少
・町のたばこ屋のビジネスモデルの優れている点:町で一番
・勉強して成果を出すのは普通。楽して儲けるのがビジネス
・誰も信じない
 信用する=思考停止=責任放棄
・誰に売りたいか、誰に買ってもらいたいか。その意志を表現したものが商品

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

序章 なぜ、「成功する人の条件」を誰もが勘違いしているのか

第1章 成功するにはエリートコースを目指すべき?

リスクを冒さず、親や学校から言われた通りにするのは得か損か。
高校の首席、無痛症の人びと、ピアノの神童から得られる洞察

ルール内で優秀な人、ルールを守れない人、それぞれに周りのサポートが必要だがそれぞれ必要なサポートの種類は異なる。
自分がどちらのタイプでどういう環境(サポート)が必要なのかを把握する事が必要

第2章 「いい人」は成功できない?

信頼や協力、親切について、ギャング、海賊、連続殺人犯から学べること

Win-Winはいい人同士でなければ成立しない
Giver:自分から与える人(善人)
Taker:自分だけ貰う人(悪人)
Matcher:バランスを取る人(普通)

著者の調査(公平だと思われる)では、
得をするのはTaker
損をするのはGiver
Matcherは普通
しかしGiverの一部が最も得をする。
一部の行動
相手がTakerの場合に自分もTakerになる
相手がTakerの場合でも定期的にGiveする(相手を許す)

第3章 勝者は決して諦めず、切り替えの早い者は勝てないのか?

道のりが困難でも最後までやり遂げる是非について、海軍特殊部隊シールズ、見合い結婚、バットマン、オンラインゲームから学べること

1万時間を投じれば人より抜きんでたスキルを習得する事ができる。
時間を投じるのはその分野で良いのか?
習熟した後、更にその分野に時間を投じるのか?別の分野を探すのか?
その判断はいつ、どうやって行うのか?

最も時間を集中させる事が見つかっているか?
楽観主義か?(必要な場合に)
有意義なストーリーを持っているか?
生活にゲームの要素を取り入れているか?
面白いゲームに含まれる4つの共通要素
・勝てること(Winnable)
・斬新であること(Novel)
・目標(Goals)
・フィードバック(Feedback)

時間とエネルギーは有限だと認識できているか?
常に新しい分野に小さな掛けを試みているか?

第4章 なぜ「ネットワーキング」はうまくいかないのか

人質交渉人、一流コメディアン、史上最高の頭脳を持つ人から、人脈づくりの最強戦略を学ぶ

外交的 内向的
組織での評価 高い
技術 高い
リーダーシップ 能力が低い組織で有効 能力が高い組織で有効

有効なネットワークを作る方法
・友達になる
・ギバーになる
・問題は解決しない事を理解する、説明しない、説得しない、感謝する、時間をかける

第5章 「できる」と自信を持つのには効果がある?

チェスの達人、特務機関、カンフー詐欺師、恐怖不感症の人びとから、自信と妄想の境界を綱渡りする術を学ぶ

自信がある人は努力しない。人に好かれない。しかし本人は満足。
自信が無い人は努力する。人に好かれる。しかし本人に心の平安は無い。
どちらが良いのか?
結論は「自分を許す」事
自分でない自分を演じる必要はない。自分を騙さない。自分を受け入れ、人には最高の自分を見せる様努力する
目標があれば他人との勝ち負けでなく、自分で設定した小さな勝利を得る事を目的にする。そしてその勝利にだけ満足する

第6章 仕事バカ…それとも、ワーク・ライフ・バランス?

どうやって家庭と職場の調和を見つけるかを、スパイダーマン、アルバート・アインシュタイン、チンギス・ハンから学ぶ

仕事バカの家庭は崩壊している事が多い。
しかも大昔ならともかく1万時間掛けてもより多くの時間を掛けた高技能者は世界中に居る。
もっともっと!を求めてもそれが報われる事は難しい。おまけに幸せでもない。
ワークライフバランスが必要。
バランスは以下の幸福の四要素から取る

1.幸福感 生活から喜び、満足感を得る事
2.達成感 何かの分野で他から抜きんでる事
3.存在意義 「身近な」人々に良い影響を与えている事
4.育成 「身近な」人々の未来の成功を助けている事

そして計画する。
人生に満足するには人生をコントロールしている感覚が必要。
何かにコントロールされていると満足できない。
幸福の四要素のバランスを取るべく、どれにいつ、何時間を割り当てるか?の計画を練る

結論 本当に人生を成功に導く法則は何か…

・自分のスキルを発揮できる環境にいるか?
・周りがギバーに囲まれたギバーになれているか?
・自分にストーリーがあるか?
・自分を助けてくれるネットワークに所属しているか?
・内向性/外向性を生かせる仕事をしているか?
・自分を許せているか?
・幸福の四要素のバランスを取れているか?

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法


前提

必ず食える=1万人に1人の希少性のある技術を持つ人
100人に1人のある技術を身に付け、別の100人に1人の技術を身に付ける。
2つの技術を組み合わせると10,000人に1人の技術になる。
さらに別の技術を習得し、これも組み合わせる事で1,000,000人に1人の技術を持つ人間になれる。
これを目指す。

4つのタイプ

人間にはいくつかの志向がある。
(複数の志向を兼ね合わせていたり、時間の経過と共に変化する)
この志向に応じた努力を行う事で効率良く1万人に1人を目指そうという趣旨。

Aタイプ 経済的価値×権力志向→社長タイプ─「力」
Bタイプ 経済的価値×プロ志向→自営業タイプ─「技」
Cタイプ 経済以外の価値×権力志向→公務員タイプ─「つながり」
Dタイプ 経済以外の価値×プロ志向→研究者タイプ─「好き」

A~D共通の3条件

条件1 パチンコをしない
条件2 携帯ゲームをしない
条件3 本を月に1冊以上読む

・努力する為の時間を浪費しない。
・教養(客観的、幅広い視点・知識)を身に付ける
これが全タイプに共通する必要条件。

A:社長タイプ─「力」の+4条件

条件1:作業でなく、仕事ができる
条件2:営業・プレゼン・交渉技術がある
条件3:正解主義・前例主義・事なかれ主義を打破できる
条件4:合わない上司を作らない

B:自営業タイプ─「技」+4条件

条件1:社内自営業者になれる
条件2:技術習得に1万時間掛けたか
条件3:知名度を上げられるか
条件4:自由・孤独に耐えられるか

C:公務員タイプ─「つながり」+4条件

条件1:組織に必要とされるか
条件2:会社の無駄な時間に耐えられるか
条件3:会社以外のコミュニティに所属しているか
条件4:コミュニティから信用を得られるか

D:研究者タイプ─「好き」+4条件

条件1:一生を捧げられる好きな事があるか
条件2:結婚しているか
条件3:親と同居できるか
条件4:ファンを作れるか

感想

多くは他でも言われている事
・得意分野を作る為には10,000時間を掛けろ
・得意分野と得意分野を掛け合わせる事で容易に希少価値を生み出せる
等々
同時に他でも言われている事はそれだけ多くの賛同者が居るという事でもあるし、
他の本を読みなおす効果もあるのでそれはそれで良いと思います。
共通条件1~3が一番納得がいく。
タイプ別条件については良い話半分、著者の自慢話で疑問符が付く話が半分
時間をマネジメントして本を読めという事だけは即影響されて早速本を読み始めたので良い効果はありました。

7つの習慣

私的成功

原則:「勤勉、公正、誠実、勇気、謙虚」中心
まず人格の成熟があって始めて他人との良い関係が築ける

1.主体性を発揮する

刺激と反応の間にはスペースがある
関心の和、影響の和

2.目的を持って始める

地図が間違っていたら、間違ったゴールに辿り付くだけ
2倍の速さで進んでも間違ったゴールに速く着く
ミッションステートメント
子供の頃の自分が今の自分を見てどう思うか?

3.重要事項を優先する

「緊急ではないが重要なこと」に時間を割く

「使い走り」ではなく「信頼して任せる」

公的成功

信頼口座の残高を増やす

4.Win-Winを考える

NoDealの選択肢を持つ
豊かさマインド

5.理解してから理解される

相手の目で世界を見る

6.相乗効果を発揮する

お互いに尊敬、協力する
お互いが相違しているメリットを生かす

その後

7.刃を研ぐ

1~6の習慣を習慣化し、より成熟した人格、コミュニケーション能力を磨く

魔法少女と学ぶ! ピケティ入門

概要

魔法少女と学ぶ! ピケティ入門 impress QuickBooks

21世紀の資本

トマ・ピケティ著「21世紀の資本」の解説本。
魔法少女は単なるキャラ(特性)でほぼ意味は無い。
賢者と呼ばれる人がほぼ一方的に解説し、それを魔法少女が聞くだけ。
ただし賢者は会話形式で解説してくれる為、非常に分かりやすい。

魔法少女は経済の掌握を目指す!(第一章)

ピケティを学ぶ前に、世界経済史の基本のキ
・世界は資本主義!ところで資本って何?
・産業革命~資本主義と欧米の優位が確立
・労働運動~格差是正の第一波が到来
・共産主義~資本主義の対立概念が登場
・新自由主義~現代の主流概念
封建制→資本主義(小さな政府)→社会主義→修正資本主義(大きな政府)
人間の作る経済システムは一時的なもので完全ではない。
いつか完全な恒久的なシステムができるかも知れないが現在のところそれは考え出されていない。
社会主義の復権もあり得なくは無い。

魔法少女は格差に注目した!(第二章)

ピケティの理論はシンプル!?
・欧米を追い上げるアジア・アフリカ
・ピークを過ぎたGDP成長率
・世界大戦が欧米の資本に与えた影響
・資本/所得比率のU字曲線
・ピケティのキーワード“r>g”を読み解く
技術の伝播は国境を越え、次第になくなる。
すると人口差のみがGDPに影響し、最終的にはアフリカ、アジアが大きくなる。
戦争によって資本家の資本は失われたが、近年の平和によって資本家の資本は再び拡大。
資本家を含む人間が持つ資本の合計と、非資本家の所得の割合「資本/所得比率」は過去最大。
資本家は資本を貯め、労働者へ分配していない。格差は広がっている。

魔法少女は格差是正を目指す!(第三章)

ピケティが目指す格差是正のカギは?
・“r>g”に当てはまらない時期がある!?
・グローバリズムとタックス・ヘイヴン
・格差是正のカギは国際協調+累進課税!
格差が最も縮まったのは戦争中。資本家への累進課税が強化された時代。
現代でも同じ様に資本家への税を多くすれば格差は縮まる。
しかしグローバリズム(他国で商売をする事)とタックスヘイブン(税金の安い国)の普及により不可能。
国家間で協力してタックス・ヘイブンを規制し、資本家への累進課税を進めよう。
というのがピケディの主張。

魔法少女は平等な社会について考える!(終章)

しかし仮にそれが実現できたとしてそれが平等な社会だろうか?
社会主義:結果の平等
頑張って働いた人も、サボった人も同じ結果
リスクを冒した人も、逃げた人も同じ結果
結果は平等。
能力の高い人、頑張った人が人よりも良い結果を得る機会は無い。
機会は平等に無い。
結果的に社会主義はほぼ消滅。
資本主義:機会の平等
能力の高い人だけが良い結果を得られる。低い人は悪い結果しか得られない。
結果は平等ではない。
良い結果を得た人の資産を受け継いだ子供は、続けて良い結果を意味出すのが容易。
能力の低い人、更にその子供が良い結果を得る機会が無いか?というとその人次第。
機会は平等にある。
しかし近年その機会ですら平等でなくなりつつあり。
格差は拡大し、低所得者が増え、彼らに対する補償で世界中で国の財政は逼迫している。
現在、世界中で破綻進行中。
能力の高い人は、能力の低い人に資本を分配する高い福祉性
能力の低い人は、能力の高い人に頼らない高い自律性
が求められる。


漫画:スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス Kiss) スティーブ・ジョブズ(2) (KCデラックス Kiss) スティーブ・ジョブズ(3) (KCデラックス Kiss)

取材嫌いなスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した伝記を、
大ヒット漫画「テルマエ・ロマエ」の作者が漫画家した作品。
多くの取材を重ねているとは言え100%真実はあり得ない。
以下、本に書いてある事も話半分、更に私の想像を入れた感想です。

スティーブ・ジョブズの人物像
有能
短気
行動力がある
完全主義
ほとんどの人を馬鹿だと思っている
目的の為には手段を選ばない
他人を巻き込む
自分自身を騙す
良く語られる彼のエピソードの一つに、
同僚の出したアイディアを激怒&馬鹿に即却下。
しかし次の日には得意顔で自分のアイディアとしてプロジェクトを進めた、というものがあります。
作中、彼の仲間の言った
「彼は自分自身さえ騙す。それが彼の血肉になっているからこそ自分のビジョンに他人を巻き込む事ができるんだ」
という言葉は彼の特異さを一言で表していると思います。
想像ですが彼は他人のアイディアを盗む事を悪い事だとはほとんど思っていないのでしょう。
そして3日くらい経ったら盗んだ事を忘れてしまって自分が出したアイディアであるという事だけは覚えている、
という人なのでしょう。
同僚、上司としは最悪です。
ただ多くの人の都合、利益を一切無視して犠牲を強制させたからこそ、
あれだけのものを小資本、短期間で作る事ができた事は事実。
ただ、大人しい人の多い日本人相手ならともかく、
我儘で金にうるさいアメリカ人を、
自分の利益の為だけにいい様に使う事はできません。
前述の仲間が言う様に、文句を言いながらも彼に付いていくメリットはあったのでしょう。
そういう強引過ぎる行動力と同時に、最低限の動機を与える手法も持っていた、
それがカリスマ性なのかも知れないです。

頭が良くて行動力がある、しかし自己中心的な人は何人か見てきましたが、
そういう人は短期的な利益は上げられても長期的には人が付いてきません。
実際ジョブスも一度アップルを追い出されているのでその例に漏れないとも言えますが、
それでも割と長くやっていますし、業績も桁違いで、何より大復活もしていますので、
普通の独裁者とは違う一角の人物である事は間違いないと思います。
(大人しそうな人にはより多くの犠牲を強いている様にも見えますが)

はっきり言って友達にも上司にも同僚にもなりたくないですが、ただ一つ、
善人ぶらないところが良いです。
そこが私が何人か見てきた自己中心的な人達とは全く違うところです。
彼は「お客さんの為に」とか「お前の為に」とか言わない。
そこが清々しい。行動に矛盾が無い。
彼に付いて行って自分にメリットがあるのか無いのか、分かりやすい所が付いていきやすい要因かも知れないです。
自分としては彼の行動力を見習いつつ、
より他人と利益を共有できる関係を築きたいと思います。

  

クビでも年収1億円

クビでも年収1億円 (角川フォレスタ)

3行で要約すると、
(1)会社員は損なので辞めて自分でビジネスをやろう
(2)その為に最初はヤフオク、Amazon等でリスクを取らずに商売を始めよう。
(3)利益が出ればネットショップを立ち上げ、徐々に手を広げていこう
というものです。

会社員は無駄が多い(会社によっては)
会社員は儲からない(会社によっては)
会社員はリスクが高い(会社によっては)
これはその会社によります。
良い会社も世の中にたくさんあるでしょう。
無駄の無い、社員満足度の高い、安定した、成長性のある会社が。
自分の会社がどうなのか?を考えて自分の会社が上で上げた条件に当てはまる様であれば、
この本に書いてある事を実践してみるのはとても良いと思います。
ただしこの本に書いてある事は間違いではないと思いますが、
現在ではあまりにも多くの人がやっている事でネズミ講(もしくはそれに類似するネットワークビジネス)と似て、
最初の方の参加者だけが有利で、後追いだと難しい面があります。
しかし物事は
やってみる⇒失敗する⇒改善する⇒もっとうまくできる
というサイクルが有効なので、
「リスクを取らない」この本のやり方を真似して取りあえずやってみるのはとても良い事だと思います。
パソコンやインターネットを使った取引といった商売のやり方を学べるし、
失敗しても借金ができる訳ではありません。
(3)は(2)がうまくいったらやる事で、
(2)は(1)をやらなくてもできる事です。
人によっては(1)をやらずに(3)をやれば良いと思います。
(3)よりもっと良い方法もあるでしょう。
それもこれも取りあえず(2)をやってみるのは悪くないです。

「6割準備ができたら走り出せ」
とはこの本の主張ですが、正論だと思います。
「上手くなるまで待ってたらおじいちゃんになっちゃうよ」甲本ヒロト
Amazon個人出品結果

四十歳で五つの会社の社長になる 船井哲良/著

四十歳で五つの会社の社長になる―すべては「夢と志」から始まった
船井哲良(ふない・てつろう)氏の著作
この本に書いてある事で真新しいものは1つもないです。
しかし他のどこでも言われている事であるからこそ真理であると思います。

魂を込めて仕事をする事の必要性
器用に仕事をこなすだけでは人の期待を圧倒的に上回る成果は出せない。
楽をして自分が損しない範囲での犠牲からは天才でない限り良いものは生み出せない。
魂を込めて自分の全てを捧げるつもりでやる仕事だけが圧倒的な成果を生み出す。

信頼
商売に最も必要なものは「信頼」。
氏曰く、「人から信頼され、尊敬される人であれば、多少の欠点や足りないものがあっても、その人はリーダーが務まる。
そして人から信頼され、尊敬されるためには、自分自身を絶えず磨き、絶えず成長していくよう心がけることが必要である」
信頼があって初めて「共存共栄」が成り立つ。
信頼される為には最初に自己犠牲が必要。
自己犠牲の為には、その犠牲が仮に無駄になっても良いという余裕が必要。
その為に精神的、経済的、技術的なもの向上が欠かせない。

船井プロダクションシステム
上手くいっている生産ラインにあえて負荷をかける

問題発覚

改善
のサイクルで生産性を上げるシステム。
氏曰く、「現状維持は後退である」

船井哲良氏経歴
終戦時、18歳で厳しいと評判だったらしい日本最大のミシン会社へ入社。
24歳で創業(現:船井電機株式会社)、ミシンの卸で利益を上げる。
後にラジオ、テレビ等の家電分野に進出。海外生産等で現在でも多くの利益を上げる。
その際、自社工場を持たない委託生産方式を取っている。
50年後に東証一部上場。