決算 決算整理

現金過不足の処理

帳簿上の現金残高 > 手持ち の場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金過不足  200  現金  200

(A)200円の不足が交通費(費用)の「未」支払であった事が後で分かった場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 旅費交通費(費用)  200  現金過不足  200

(B)そのまま決算整理する場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 雑損(費用)  200  現金過不足  200

帳簿上の現金残高 < 手持ち の場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  200  現金過不足  200

(A)200円の超過が受取手数料(収益)の未計上であった事が後で分かった場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金過不足  200  受取手数料(収益)  200

(B)そのまま決算整理する場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金過不足  200  雑益(収益)  200

貸倒引当金の設定

決算時、売掛金が残っている場合に行う費用計上
売掛金:1,000,000円、貸倒実績率:5% の場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金繰入(費用)  50,000  貸倒引当金  50,000

↓ (来期)

(A)貸し倒れ発生時 (貸倒引当金 < 売掛金:100,000円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金 
 貸倒損失(費用) 
50,000
50,000
 売掛金  100,000

(B)貸し倒れ発生時 (貸倒引当金 > 売掛金:20,000円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金  20,000  売掛金  20,000

(C)貸し倒れ発生時 (貸倒引当金:0円 < 売掛金:100,000円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒損失  100,000  売掛金  100,000

(D)決算整理時(貸し倒れ発生後の決算時)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金繰入  30,000  貸倒引当金  300,000

※貸倒引当金=売掛金×実質倒産率 の額まで一部または全額を補充する。

(E)決算整理時(貸倒引当金を減額する場合)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸倒引当金  10,000  貸倒引当金戻入  10,000

※売掛金が少ない、貸倒率が減った等

(F)貸倒処理済みの売掛金を回収した場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  20,000  償却債権取立  20,000

消耗品の処理

購入時、「資産」として処理する場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 消耗品(資産)  10,000  現金  10,000

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 消耗品費(費用)  5,000  消耗品(資産)  5,000

※計上した資産の内、使用した分だけ費用とする。

購入時、「費用」として処理する場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 消耗品費(費用)  10,000  現金  10,000

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 消耗品(資産)  5,000  消耗品費(費用)  5,000

※計上した費用の内、残った分を資産とする。

有価証券の評価替え

有価証券:株式、国債、社債

購入時

1株10,000円の株式を10株、手数料:1,000円を現金で購入。

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 売買目的有価証券(資産)  101,000  現金  101,000

購入代価:100,000円
付随費用:1,000円
取得原価:101,000円

売却時

+-ゼロ時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  101,000  売買目的有価証券(資産)  101,000

+時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  105,000  売買目的有価証券(資産) 
 有価証券売却(収益) 
101,000
4,000

-時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金 
 有価証券売却(費用) 
101,000
4,000
 売買目的有価証券(資産) 105,000

決算時

購入時と決算時の評価額の差額だけを計上する。
+時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 売買目的有価証券 1,000  有価証券評価(収益)  1,000

-時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 有価証券評価(費用)  1,000  売買目的有価証券 1,000

固定資産の減価償却

固定資産:長期に渡って使用する資産
土地、建物、備品(机・椅子・パソコン)、車両等

購入時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 車両  1,010,000  現金  1,010,000

購入代価:1,000,000円
付随費用:10,000円
取得原価:1,010,000円

売却時

+時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  1,050,000  車両 
 固定資産売却 
1,010,000
40,000

-時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金 
 固定資産売却 
970,000
40,000
 車両  1,010,000

決算時(直接法/間接法)

資産の使用分を費用として計上する際の減少させる対象
・資産そのものとするか(直接法)
・減価償却累計額とするか(間接法)
直接法

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 減価償却費(費用)  100,000  車両  100,000

間接法

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 減価償却費(費用)  100,000  減価償却累計額  100,000

引出金の処理

期中に、私用でお店等のお金を使った場合

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 引出金  100,000  現金  100,000


決算時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 資本金  100,000  引出金  100,000

売上原価の算定

仕入れ時に費用として計上した在庫(商品原価)を資産に再計上。
仕入時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 仕入  100,000  現金  100,000


期末:決算時(半分が残っている場合)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 繰越商品  50,000  仕入  50,000

棚卸し:在庫を数える事
期末商品棚卸高:棚卸しの結果により算出した期末の商品原価。
期首商品棚卸高:棚卸しの結果により算出した期首の商品原価。

翌期首

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 仕入  50,000  繰越商品  50,000

費用と収益の繰延べ、見越し

費用の繰延べ

支払った費用のうち、来期分を除く処理
kurikoshi
※4月に費用として計上した保険料のうち、来期分(3ヶ月分)を除外する
保険料支払い時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 保険料(費用)  12,000  現金  12,000


決算時(繰延べ)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 前払保険料(資産)  3,000  保険料  3,000

※科目に応じて前払家賃、前払利息となる

翌期首(再振替仕訳)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 保険料  3,000  前払保険料  3,000

収益の繰延べ

当期に受け取った収益のうち、今期分を除く処理

不動産収入受取時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  12,000  受取地代(収益)  12,000


決算時(繰延べ)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 受取地代  3,000  前受地代(負債)  3,000

※科目に応じて前受地代、前受利息となる

翌期首(再振替仕訳)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 前受地代  3,000  受取地代  3,000

費用の見越し

来期に予定している支払のうち、今期分を処理
mikoshi
借り入れ時(1年後の利息:1,200円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金  1,000,000  借入金  1,000,000


決算時(見越し)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 支払利息(費用)  900  未払利息(負債)  900

※科目に応じて未払地代、未払家賃となる

翌期首(再振替仕訳)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 未払利息  900  支払利息  900


支払い時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 借入金 
 支払利息 
1,000,000
1,200
 現金 
 現金 
1,000,000
1,200

収益の見越し

来期に予定している収益のうち、今期分を処理
貸し付け時(1年後の利息:1,200円)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 貸付金(資産)  1,000,000  現金  1,000,000


決算時(見越し)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 未収利息(資産)  900  受取利息(収益)  900

※科目に応じて未収地代、未収家賃となる

翌期首(再振替仕訳)

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 受取利息  900  未収利息  900


受け取り時

 借方科目   金額   貸方科目   金額 
 現金 
 現金 
1,000,000
1,200
 貸付金 
 受取利息 
1,000,000
1,200

決算 流れ

概要

個人事業主及び法人が年に1回、
財政状態(資産や負債がいくらあるのか?)、
経営成績(いくら利益が出たか?)
を明らかにする事。

会計期間
決算の対象となる期間(1年)
期首
会計期間の開始日
個人事業主の場合:1/1
期中
期首から期末までの間
期末(決算日)
決算を行う日
会計期間の終了日
個人事業主の場合:12/31

流れ

試算表」の作成

決算整理

清算表」の作成

貸借対照表」「損益計算書」の作成

帳簿の締切

試算表

仕訳帳や伝票から総勘定元帳へ転記した内容が正しいか?を確認する表
・合計試算表
・残高試算表
・合計残高試算表
の3種類がある。
(総勘定元帳を元に作られる)

総勘定元帳

合計試算表

残高試算表

合計残高試算表

決算整理

試算表を元に暫定的な金額を確定させる処理。
・現金過不足の処理
・貸倒引当金の設定
・消耗品の処理
・有価証券の評価替え
・固定資産の減価償却
・引出金の処理
・売上原価の算定
・費用と収益の繰延べ、見越し
決算 決算整理」参照

清算表

試算表から決算整理を行った結果をまとめた表。
貸借対照表と損益計算書の元になる。

貸借対照表

財政状態(資産や負債がいくらあるのか?)を明らかにする表

損益計算書

経営成績(いくら利益が出たか?)を明らかにする表

締切

簿記⑦当座預金

【小切手】
※即換金可能。現金と同じ価値
(1)受取時
※¥10,000を売り上げ、小切手を受け取った場合
(小切手換金分は現金で受け取る)
現金 ¥10,000 | 売上 ¥10,000

(2)振出時
※¥10,000を仕入れ、小切手を振り出した場合
(小切手換金分は当座預金から支払われる)
仕入 ¥10,000 | 当座預金 ¥10,000

【約束手形】
※指定した日にち後に換金可能。資産又は負債
(1)受取時
※¥10,000を売り上げ、「受取手形」を受け取った場合
(小切手換金分を指定日にち後に換金して受け取る)
受取手形 ¥10,000 | 売上 ¥10,000
現金 ¥10,000 | 受取手形 ¥10,000

(2)支払時
※¥10,000を仕入れ、「支払手形」支払った場合
(小切手換金分は当座預金から支払われる)
仕入 ¥10,000 | 支払手形 ¥10,000
支払手形 ¥10,000 | 当座預金 ¥10,000

(3)貸付時
手形貸付金 ¥10,000 | 当座預金 ¥10,000

現金 ¥10,000 | 手形貸付金 ¥10,000
現金 ¥1,000 | 受取利息 ¥1,000

(4)借入時
当座預金 ¥10,000 | 手形借入金 ¥10,000

手形借入金 ¥10,000 | 現金 ¥10,000
支払利息 ¥1,000 | 現金 ¥1,000

【為替手形】
(1)振出時
①仕入れ ¥10,000 | 買掛金 ¥10,000
②売掛金 ¥10,000 | 売上 ¥10,000
③買掛金 ¥10,000 | 売掛金 ¥10,000
①②は別顧客。
③で為替手形処理。買掛金と売掛金を相殺。受取手形・支払手形等は仕訳しない

(2)受取(指示)時
①売掛金 ¥10,000 | 売上 ¥10,000
②受取手形 ¥10,000| 売掛金 ¥10,000
③当座預金 ¥10,000| 受取手形 ¥10,000

(3)支払(名宛)時
①仕入 ¥10,000 | 買掛金 ¥10,000
②買掛金 ¥10,000 | 支払手形 ¥10,000
③支払手形 ¥10,000 | 当座預金 ¥10,000

簿記⑥減価償却

【固定資産の購入・売却】
・固定資産の購入(月末払い、配送料負担)時
備品(資産▲) 100,000  |  未払金(負債▲) 100,000
|  現金(資産▼) 1,000
・固定資産の売却時(月末受け取り)
未収金(資産▲) 100,000  |  備品(資産▼) 100,000
・固定資産の売却時(利益発生時)
現金(資産▲) 110,000  |  備品(資産▼) 100,000
|  固定資産売却益(収益) 10,000
・固定資産の売却時(損失発生時)
現金(資産▲) 90,000  |  備品(資産▼) 100,000
固定資産売却損(費用) 10,000 |
【固定資産の減価償却(決算時の仕訳)】
「減価償却費」:価値の減少分だけ売上に貢献していると見なす費用
・¥3,000,000の車両の1年間の売上貢献度(価値減少分)を「直接法」で計上
減価償却費(費用▲) 540,000  |  車両(資産▼) 540,000
・¥3,000,000の車両の1年間の売上貢献度(価値減少分)を「間接法」で計上
減価償却費(費用▲) 540,000  |  減価償却累計額 540,000
定額法:固定資産の減価償却費の算出方法
※耐用年数の間、毎年定額分価値が減少すると見なす
{3,000,000(取得原価) - (3,000,000 × 10%(残存価額))} / 5(耐用年数)
= 2,700,000 / 5
= 540,000(減価償却費)
例(1):備品(取得原価:5,000円,減価償却累計額:1,800円,記帳方法:間接法)を3,000円で売却し、現金で受け取った場合の仕訳
減価償却累計額 1,800  |  備品(資産▼) 3,200
現金(資産▲) 3,000  |
固定資産売却損(費用▲) 200  |

簿記⑤帳簿

帳簿一覧

(1)主要簿
仕訳帳
総勘定元帳
(2)補助簿
現金出納帳
仕入帳
売上帳
商品有高帳
売掛金元帳
買掛金元帳

主要簿

仕訳帳

siwaketyou
※取引毎に勘定科目、金額を簿記ルールに従って記入する帳簿
これを元に「総勘定元帳」他の統計が計算される

総勘定元帳

mototyou
※仕訳帳を元に最終的な状態を確認する為の帳簿
最新状態で売上××××、売掛金××××等

補助簿

現金出納帳

genkin_suitotyo
※入金・出金を記入する帳簿

仕入帳

shiiretyo

売上帳

uriagetyo

商品有高帳

aridakatyo
※「払出/単価」欄には売価ではなく原価(仕入れ時の金額)を記入する。
・先入先出法
・移動平均法
等の原価計算方法がある

売掛金元帳
買掛金元帳

urikaikakekinnmototyo

簿記④売上

商品を売り上げた場合の処理について
5つのグループの内、収益として分類される。
※右側グループに増加分を記入
(1)1,000円で仕入れた商品を売り上げ、代金を現金で受け取った場合の仕訳
現金 1,000  |  売上 1,000
※左側:現金(資産)の増加、右側:売上(収益)の発生
(2)1,000円で仕入れた商品を売り上げ、代金の受け取りは後日行う場合の仕訳
売掛金 1,000  |  売上 1,000
※左側:売掛金(資産)の増加、右側:売上(収益)の発生
(3)売掛金の処理
現金 1,000  |  売掛金 1,000
※左側:現金(資産)の増加、右側:売掛金(収益)の減少
(3)返品時の仕訳
売掛金 1,000  |  売上 1,000
売上   500  |  売掛金 500
※左側:売上(収益)の減少、右側:売掛金(資産)の減少
(4)売上にかかる費用(販売諸掛り=発送費等)300円の処理
A:販売元が負担する場合=売上(収益)
売掛金 1,000  |  売上 1,000
発送費  300  |  現金  300
※左側:発送費(費用)の発生、右側:現金(資産)の消滅
B:販売先(得意先)が負担する場合=立替金(資産)
売掛金 1,000  |  売上 1,000
立替金  300  |  現金  300
※左側:立替金(資産)の発生、右側:現金(資産)の消滅
C:販売先(得意先)が負担する場合=売掛金(資産)
売掛金 1,000  |  売上 1,000
売掛金  300  |  現金  300
※左側:売掛金(資産)の発生、右側:現金(資産)の消滅
(5)「前払金(負債)」処理
現金  500  |  前払金 500
※左側:現金(資産)の増加、右側:前払金(負債)の増加

前払金  500  |  売上 1,000
売掛金  500  |
※左側:前払金(負債)の減少、売掛金(資産)の増加、右側:売上(収益)の増加

簿記③仕入

商品を仕入れた際の仕訳について
5つのグループの内、「資産」に分類される
※増加分を左側に記入
「分記法」
トマト 1,000  |  現金1,000
「三分法」
仕入1,000  |  現金1,000
(1)1,000円分の商品を仕入れ、現金で支払った場合
仕入1,000  |  現金1,000
※左側:仕入(資産)の増加、右側:現金(資産)の減少
(2)1,000円分の商品を仕入れ、支払いは後日行う場合
仕入1,000  |  買掛金1,000
※左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加
(3)買掛金を処理する場合(↑の支払いを行う場合)
買掛金1,000  |  現金1,000
※左側:買掛金(負債)の減少、右側:現金(資産)の減少
(4)返品(仕入戻し)を行う場合
仕入 1,000  |  買掛金1,000
※左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加

買掛金 500  |  仕入  500
※左側:買掛金(負債)の減少、右側:仕入(資産)の減少
(4)仕入れにかかる費用(仕入諸掛り)300円の処理
A:仕入元が負担する場合=仕入(資産)
仕入 1,300  |  買掛金1,000
|  現金  300
※仕入諸掛りを仕入に含める
※左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加&現金(資産)の減少
B:仕入先が負担する場合=立替金(資産)
仕入 1,000  |  買掛金1,000
立替金 300  |  現金 300
※一時的に仕入元が300円を立替えるが、後々仕入先に買掛金とは別に払ってもらう
※1 左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加
※2 左側:立替金(資産)の増加、右側:現金(資産)の減少
C:仕入先が負担する場合=買掛金(負債)
仕入 1,000  |  買掛金1,000
買掛金 300  |  現金 300
※仕入元が300円を支払い、その分後々仕入先に払う買掛金を減算する
※1 左側:仕入(資産)の増加、右側:買掛金(負債)の増加
※2 左側:買掛金(負債)の減少、右側:現金(資産)の減少
仕入 1,000  |  買掛金 700
|  現金 300
※仕入諸掛り分のみ買掛金から減額する記入方法も可
(5)「前払金(資産)」処理
前払金 500  |  現金  500
※現金を支払う時点では仕入(費用)を計上しない

仕入 1,000  |  前払金 500
|  買掛金 500
※商品が届いた時に計上。
その際、前払金が商品代金に充当される(前払金(資産)の現象)。

簿記②5つのグループにおける仕訳

5つのグループにおける仕訳方法
それぞれ「+」を左側に記入するか、右側に記入するかが決まっている。
 
5group
 
(1)資産
左側(借方)に「増加」分を記入
1,000円のトマトを仕入れ、
1,000円の現金を支払った場合、
仕訳
仕入(トマト) 1,000 | 現金 1,000
(2)負債
右側(貸方)に「増加」分を記入(※(1)資産の反対)
仕訳
現金 1,000 | 借入 1,000
(3)純資産(資本)
(2)と同じく右側(貸方)に「増加」分を記入(※(1)資産の反対)
純資産の仕訳はほぼ無いので省略
(4)収益
右側(貸方)に「増加」分を記入(※(1)資産の反対)
※(1)資産の増加は左側なので資産の増加原因となる収益は右側となる。
商品を3,000で販売、現金を受け取った場合。
仕訳
現金 3,000 | 売上 3,000
(5)費用
左側(借方)に「増加」分を記入(※(4)収益の反対)
広告宣伝費1,000円を現金で払った場合
仕訳
広告宣伝費 1,000 | 現金 1,000

簿記①5つのグループ

5つのグループ

仕訳のルールは大きく分けて以下の5つに分類される。
(1)資産
(2)負債
(3)純資産(資本)
(4)収益
(5)費用

資産

現金・商品・土地・建物・売掛金・手形

負債

借金・買掛金

純資産

=資本、自己資本
=資産-負債
簿記3級
=資本金
簿記2級
=資本金+(繰越)利益剰余金
※貸借対照表(決算後)

収益

=売上
費用等は考慮しない。100円で仕入れた商品を200円で販売した場合の収益は200円。

費用

商品代金、広告費等

資産・負債・純資産の例

貯金:500万
車:300万
住宅:1000万
→資産:1,800万
車ローン:200万
住宅ローン:500万
→負債:700万
純資産:1,100万

利益と収支の違い

利益=収益-費用
収支=入金-出金
利益=納税の為の計算結果
収支=儲け
以下の計上により利益と収支はズレる
・売掛金:未入金の売上
・減価償却費:複数年に分割して計上する費用
往々にして収支より利益は大きくなる(税金を多く早く払わせる為)
税金は利益に対して課税される
会社にお金が残らない本当の理由」参照

在庫管理④:移動平均法

日付 摘要 受入 払出 残高
個数 単価 金額 個数 単価 金額 個数 単価 金額
01/01 前月繰越 35 200 7,000 35 200 7,000
01/10 仕入 15 300 4,500 50 230 11,500
01/20 売上 40 230 9,200 10 230 2,300
01/31 次月繰越 10 230 2,300
50 11,500 50 11,500
02/01 前月繰越 10 230 2,300

 

01/10の仕入において
仕入れ後の在庫の単価及び金額は、
01/01仕入の@200×35個 (=7,000)
01/10仕入の@300×15個 (=4,500)
の平均を取って
@230 × 50個
※(@230×50個=11,500)