Vi/Vim/GVim使用方法

コマンドモード

モード変更

入力 機能
ESC コマンドモード

カーソル移動

入力 機能
h
j
k
l
^ 行頭へ
$ 行末へ
↑の行頭に移動
+ ↓の行頭に移動
( ↑の文に移動
) ↓の文に移動
{ ↑の段落に移動
} ↓の段落に移動
Ctrl+f ↓のページへ
Ctrl+b ↑のページへ
gg ファイルの先頭へ
G ファイルの末尾へ
w →の単語の先頭へ
b ←の単語の先頭へ
e →の単語の末尾へ
ge ←の単語の末尾へ

終了

入力 機能
:q 保存無し終了
:q! 変更有でも保存無し終了
:w 保存&終了しない
:wq 保存&終了

コピー&ペースト

ヤンク(コピー)

入力 機能
yy 1行全体
yw 単語の末尾まで
y$ 行末まで

カット(削除)

入力 機能
dd 1行全体
dw 単語の末尾まで
d$ カーソルから行末まで
x カーソル位置の1文字
X カーソルの前の1文字
D カーソルから末尾
D カーソル位置の改行

プット(貼付)

入力 機能
p カーソルの後ろへ
P カーソル位置(前)へ

Undo/Redo

入力 機能
u Undo(Ctrl+Z)
Ctrl+u Redo(Ctrl+Y)
. 直前の動作の繰り返し

検索・置換

入力 機能
/(正規表現) 前方検索
?(正規表現) 後方検索
# カーソル位置の単語を検索
n 次の候補
N 前の候補
:%s/(検索文字列)/(置換文字列)/g 全て置換
:%s/(検索文字列)/(置換文字列)/gc 置換を順に確認

画面分割

入力 機能
Ctrl+w+w 分割した画面へ移動
gt → のタブへ移動
gT ← のタブへ移動

入力 機能
:e (パス) ファイルを開く
:set number 行番号を表示
:(行番号) 番号の行へ移動
:!(シェルコマンド) シェルコマンドを実行。例 :!ls
Ctrl+Ins クリップボードにコピー
Shift+Del クリップボードに切取
Shift+Ins クリップボードから貼付

挿入モード

モード変更

入力 機能
i カーソル位置から
a カーソル位置の右から
o ↓ に行挿入してから
O ↑ に行挿入してから
I 行頭から
A 行末から

挿入モードでの操作

Ctrl+h ← の1文字を削除
Ctrl+j 改行
Ctrl+g Ctrl+j ↑ へ移動 ※連続入力
Ctrl+g Ctrl+k ↓ へ移動 ※連続入力

ビジュアルモード

モード変更

入力 機能
v 文字単位で
V 行単位で
Ctrl+v 短形選択で

ビジュアルモードでの操作

I ビジュアルモード中に挿入モードに
y ビジュアルモード中にヤンク
d ビジュアルモード中にカット
p ビジュアルモード中に貼付
Ctrl+0 ビジュアルモード中に矩形選択状態で貼付
レジスタ0から貼り付け

上書モード

入力 機能
R 上書き

書き込み禁止モード

入力 機能
view (ファイル名) 書き込み禁止モードで起動

TeraTerm使用方法

マクロ

ログイン

; 接続情報
HOSTADDR = 'XXX.XXX.XXX.XXX&#XXX;
USERNAME = 'admin'
PASSWORD = 'XXXXXXXXXX'

; コマンドオプション組立て
COMMAND = HOSTADDR
strconcat COMMAND ':22 /ssh /2 /auth=password /user='
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /passwd='
strconcat COMMAND PASSWORD

; 接続
connect COMMAND

シェル実行

ログインの結果が画面に表示されるまで待機
wait 'admin'

シェル実行
sendln 'su -'

シェルの問い合わせが画面に表示されるまで待機
wait 'Password:'

シェルの問い合わせに対して回答
sendln 'XXXXXXXXXX'
wait 'root'

シェル実行
sendln 'cd /var/www/'

マクロ終了

end

リモートデスクトップ 使用方法

接続する側

ショートカット起動

「ファイル名を指定して実行」から起動するアプリケーション/リモートデスクトップ」参照

管理者権限でのログイン

「ファイル名を指定して実行」から起動するアプリケーション/リモートデスクトップ(管理者権限)」参照
※ログイン中ユーザを追い出す

「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を実行

「Ctrl」+「Alt」+「End」
※この画面から再起動も可能

接続者一覧

> qwinsta /server:XXX.XXX.XXX.XXX
※ID等を表示

強制切断

> tsdiscon (ID) /server:XXX.XXX.XXX.XXX

接続される側

コントロールパネル > システム

paint.net使用方法

paint.netとは?

良い点
・無料
・psdファイルの操作可能
・レイヤー操作(サイズ変更、上下左右移動、前後移動)可能
不便な点
文字の変更ができない

ツール


範囲選択
四角形、投げ縄、楕円、魔法の杖
選択されたピクセルの移動
「範囲選択」→ ドラッグ

魔法の杖


自動選択。
クリック位置と同じ色の部分が自動で選択される
許容値で自動選択の判定基準を変更

イメージ


選択範囲に合わせてトリミング
「ツール」で選択した内容の切り出し
サイズ変更
全レイヤーを一度にサイズ変更。キャンパスサイズも変更される
キャンパスサイズ
大枠のみサイズ変更。各レイヤーのサイズはそのまま。

レイヤー


表示/非表示
チェックボックスで切り替え
前後
レイヤーウィンドウ内をドラッグで移動
レイヤー毎のサイズ変更
レイヤ選択 → レイヤーメニュー → 回転/ズーム

fiddler使用方法

fiddlerとは

Microsoft製通信アプリケーション
WEBクライアントとWEBサーバ間の通信内容の閲覧、操作が可能
https://www.telerik.com/download/
からダウンロード&インストール

フィルタ

・特定のHostの通信だけを表示、もしくはフラグをつける
・特定のプロセスからの通信のみを表示。例:Chromeからの通信のみ表示等
・特定のステータスコードのみ表示
・一定のサイズ以上・以下のファイル、スクリプト・画像・SWF・CSSを表示
fiddler2

リクエスト/レスポンスメッセージ

fiddler1

リクエスト情報
上段:Headers
上段:TextView
レスポンス情報
下段:Headers
下段:TextView

SophosAntiVirus使用方法

SophosAntiVirusとは

Sophos Antivirus for Linux
https://www.sophos.com/ja-jp/products/free-tools/sophos-antivirus-for-linux.aspx
以下の機能を持つ無償のLinux用ウィルスソフト
・オンアクセススキャナ
ファイルがアクセスされると検索し、未感染の場合のみアクセスを許可
・オンデマンドスキャナ
コンピュータの全体または一部を直ちに検索
・SophosAnti-Virusデーモン
SophosAnti-Virusにコントロール、ログ、メール警告機能を提供するバックグラウンドプロセス

設定

インストール

↑ からアーカイブをダウンロードして展開
tar zxvf sav-linux-free-9.tgz
シェルを実行
./sophos-av/install.sh
sophos-av1

コマンド

cd ~/sophos-av/bin

コマンド名 内容 実行方法
savstatus ステータス ./savstatus
savsetup 設定 ./savsetup
savupdate 更新 ./savupdate
savscan スキャン ./savscan /
savscan

sophos-av2

A5MK2使用方法

設定

インストール

公式サイト
http://a5m2.mmatsubara.com/

「設定」メニュー > オプション > テーマ > Carbon

SQL入力支援

「設定」メニュー > オプション > SQL入力支援
ピリオドが入力されてから入力支援を行うまでの待ち時間

テーブルエディタ

フィルタ

(列名1)=~ AND (列名2)=~

a5mk2

「テーブル」メニュー > ソート条件の指定
「テーブル」メニュー > 列の表示・非表示

SQLパラメータ

「SQL」メニュー > SQLパラメータ
a5mk22

a5mk23

WinSCP使用方法

WinSCPとは

winscp

Windows用FTPクライアントツール
FTP接続先は他OSでも可

コマンドライン実行

WinSCPコマンドを実行
> winscp.exe /command "open XXX.XXX.XXX.XXX" "get target.txt d:\"

スクリプトファイルのコマンドを実行
> winscp.exe /script=C:\test.txt
※スクリプトファイルにはWinSCPコマンドが記述されている前提

スクリプトファイルへパラメータへ渡して実行
> winscp.exe /script=C:\test.txt /parameter prm1 prm1

WinSCPコマンド

サーバに接続
open (ユーザ名)@XXX.XXX.XXX.XXX

サーバに接続(パスワード指定)
open (ユーザ名):(パスワード)@XXX.XXX.XXX.XXX

サーバに接続(秘密鍵を使用)
open (ユーザ名)@XXX.XXX.XXX.XXX -privatekey="C:\test.ppk"

ファイルをGET
get target.txt d:\
※d:\に

ファイルをPUT
put c:\target.txt

ディレクトリを変更
cd /test/test

切断
close

Eclipse使用方法

デバッグ

一覧

実行 キー
ステップイン F5
ステップオーバー F6
ステップアウト F7
定義 F3
参照元の検索 CTRL + ALT + H
基底/派生クラス CTRL + T
戻る/進む ALT + ← / →
タブ移動(左)/(右) CTRL + PGUP / PGDN
タブ上下分割/戻す CTRL + _ / _
インクリメント検索 CTRL + J
最終編集箇所へ戻る CTRL + Q
指定行へ移動 CTRL + L
実行 SHIFT + ALT + X , J
デバッグ実行 SHIFT + ALT + D , J

条件付きブレイク
ブレークポイント右クリック→[ブレークポイントプロパティ]→[条件付き]
デバッグ共通」参照

入力

入力候補表示

入力後
CTRL + SPACE
入力内容が正しい場合 → 続きの入力候補
入力内容が誤りの場合 → 正しい入力候補

メソッド変更

SHIFT + ALT + C
メソッドの参照元も変更される

修正

CTRL + 1

選択範囲のロジック単位での拡大/縮小

SHIFT + ALT + ↑
SHIFT + ALT + ↓
インスタンス
↑↓
インスタンス.メソッド名
↑↓
インスタンス.メソッド名(引数、引数)
↑↓
ブロック{ インスタンス.メソッド名(引数、引数) }
↑↓
Ifブロック{ インスタンス.メソッド名(引数、引数) }
↑↓
try { Ifブロック{ ~ } } catch(){ ~ }
↑↓
メソッド全体
と選択範囲が変更される
削除や移動の際に使用

コメント

種類 命令 キー 結果
選択行全体 コメントアウト Ctrl + Shift + / /* AAA */
コメント解除 Ctrl + Shift + \ AAA
行毎 コメントアウト Ctrl + / //AAA
コメント解除 Ctrl + \ AAA

展開

「*」

検索

文字列検索

単語を選択 → CTRL + H

次(前)を検索


CTRL + K

CTRL + SHIFT + K

参照元の検索

右クリック → 呼び出し階層を開く
参照元の検索」参照

リソース検索

リソースを開く(.java有り)
CTRL + SHIFT + R
リソースを開く(.java無し)
CTRL + SHIFT + T

タブ検索

タブリスト表示/選択
CTRL + e

アウトライン

アウトライン(クラス内メソッドの一覧)をエディタ上に表示
CTRL + o

構成

既存プロジェクトを開く

メニュー:[ファイル]→[インポート]→[一般]→[既存プロジェクトをワークスペースへ]

親子プロジェクトの構成


└子1
└子2
└子3
親をインポート
子をインポート(既存プロジェクトをワークスペースに)
不必要な子プロジェクトを閉じる
必要なプロジェクトは開く
コンパイル単位は親
親ディレクトリ毎コンパイルされる

他プロジェクトを参照

プロジェクト右クリック→[プロパティ]→[プロジェクト参照]→他プロジェクトにチェック

ライブラリを参照

ライブラリ(jarファイル)をlibに保存
→ビルドバスに追加
eclipse_ref1
参照パスに追加される
eclipse_ref2
プロジェクト右クリック→[ビルドパス]→[ビルドパスの構成]
※ビルドパス=classpath
eclipse_ref3
※ライブラリが追加されている

ソースコードリンク

Eclipseワークスペース外のソースファイルをコピーではなく参照する

Eclipse上のプロジェクト右クリック
→ プロパティ
→ Java、PHP等
→ ビルドパス
→ ソースのリンク
リンクされるフォルダーのロケーション:外部のソースフォルダパス(絶対パス)
フォルダー名:Eclipse上のプロジェクト内のフォルダ(プロジェクト名からの相対パス)

パッケージエクスプローラ

エディタとリンク
エディタで開いているファイルをパッケージエクスプローラで自動的に展開する
パッケージエクスプローラの右上の
[←→]ボタン
を押下

型の種類を表示
インターフェイス、列挙体等を表示
[ウィンドウ]→[設定]→[一般]→[外観]→[ラベル装飾]→[Javaタイプ・インジケーター]

設定

Tomcat

ウィンドウ → 設定 → Tomcat
eclipse_tomcat
Tomcatホーム = Tomcatのインストールディレクトリ

ワークスペースの切り替え

切替時
[ファイル]→[ワークスペースの切り替え]→[既存ワークススペース]
追加時
[ファイル]→[ワークスペースの切り替え]→[その他]
ワークスペース内の「.metadata」→「.plugins」を移動する事で、プラグインやエディタの設定を引き継ぐ事も可能

ワークスペースの表示・指定

・起動パラメータ設定
ショートカットアイコン → プロパティ → リンク先
"C:\~\eclipse.exe –showLocation"
"C:\~\eclipse.exe –data C:\~\workspace"
・コマンドプロンプトで開く
プロジェクト → コマンドプロンプトで開く

テキストエディタの種類を指定

ファイルの関連付け
設定 > 一般 > エディター > ファイルの関連付け
※新しいファイル種類を登録する場合:ファイルの拡張子を追加

コンテンツタイプ
設定 > 一般 > コンテンツ・タイプ
※新しいファイル種類を登録/変更する場合:コンテンツタイプを選択→ふぁいるの関連付けを追加/編集/除去

プラグイン

Glance

Ctrl + J
Enter:次へ
Shift + Enter:前へ

Exploler

ソースコードの解析ツール
パッケージエクスプローラで選択したファイルをExplolerで表示する

Checkstyle

ソースコードの解析ツール
言語仕様として問題は無いが慣例として一般的でない記述を表示
チーム開発を行う場合に記述を統一する為に使用される
プロジェクト右クリックメニュー→[Checkstyle]→[このプロジェクトでCheckstyleを有効にする]
例:
static public void main()~:×
public static void main()~:○
対象:コンパイル前のソースファイル(.Java)

FindBubs

Checkstyle同様、チーム開発を行う場合に記述を統一する為に使用される
プロジェクト右クリックメニュー→[FindBugs]→[FindBugsを自動的に実行する]
例:
(オブジェクト) == (オブジェクト):×
(オブジェクト).equals((オブジェクト)):○
対象:コンパイル語のクラスファイル(.class)

さくらエディタ使用方法

ショートカットキー

検索

次を検索 F3
前を検索 Shift + F3
検索開始位置へ Shift + Ctrl + F3
Grep検索 Ctrl + G

短形選択

Shift + F6
または
Alt + 左クリックドラッグ

表示

右端で折り返す Ctrl + Alt + W
右端で折り返さない Ctrl + Alt + X

検索・置換

条件

検索する文字列条件を指定

検索方法 結果
文字列検索 aaa aaaが書かれたファイルを検索
正規表現検索 aaa.*bbb
「.」が必要
aaa、bbbの中に何かの文字が書かれたファイルを検索
ファイル名検索 入力無し(空欄) ファイル名を検索

ファイル

検索対象ファイル種類を指定

検索対象 結果
全て *.* 全てのファイル
指定ファイル名ファイル aaa*bbb.txt
「.」が不要
aaa、bbbの中に何かの文字が書かれたファイル名のファイルを検索
例:aaa123bbb
指定拡張子ファイル *.txt *.java テキストファイル、JAVAファイル
SVNファイル除外 *.* !*.svn-base !all-wcprops !entries
クラスファイル除外 *.* !*.class !*.jar !*.war

正規表現

行の先頭 (正規表現にチェックを入れて) ^
行の末尾 (正規表現にチェックを入れて) $
改行 (正規表現にチェックを入れて) \r\n
連続改行 (正規表現にチェックを入れて) ^\r\n

正規表現の検索語を残して置換


#1000
2000
#3000
4000
#5000
6000

通常
検索:^[0-9]
置換:X[0-9]
結果:
#1000
X000
#3000
X000
#5000
X000

検索語を利用
検索:^([0-9])
置換:X$1
結果:
#1000
X2000
#3000
X4000
#5000
X6000

Grep検索

複数のファイルから指定した文字列を検索
Ctrl + G

キーマクロ

キーマクロの実行

Shift+Ctrl+L

すべて置換

S_ReplaceAll('String R', 'String r', 28);
再描画
S_ReDraw(0);
1:単語単位で探す
2:英大文字と小文字を区別する
4:正規表現
8:見つからないときにメッセージを表示
16:置換ダイアログを自動的に閉じる
32:先頭(末尾)から再検索する
64:クリップボードから貼り付ける
128:置換範囲を選択範囲とする ※省略時はファイル全体。
256:見つかった文字列の前に挿入 ※省略時は見つかった文字列と置換。
512:見つかった文字列の後に追加