小さな会社集客のルール

理想のお客一人に向けてホームページを作る

「こだわり」がなければ広く浅く、お手軽安いという印象を与えてしまう。
狭く深く、時間は掛かって安くはないが「こだわり」を求めている理想の一人の顧客にアピールする

効果的なアピール5つの方法

1.「キャッチコピー」でお客の関心を3秒でつかむ

「1週間でネットショップを開設する5つのステップ」
等、短くお客の願望を言葉にする
逆に3秒で理想でないお客には退出してもらう

お客をハッピーにさせる言葉を入れる
「営業マンなしで集客できる」

具体的な数値を入れる
1枚のハガキで売り上げを倍にする方法

2.理想のお客の問題点を表現する

理想のお客のが困っている事を断定する
「売り場を演出して効果的に売上を伸ばしたい」
「価格競争に巻き込まれたくない」
テーマは絞る事

3.行動を起こさせる言葉を入れる

・失敗した体験
・成功した体験
わたしと同じ様にすればこんなメリットがありますよ、という事を具体的に例示する

体験
こうこうこういう事がありましたというストーリーを書く
物語調だと気持ち悪いので最後まで読ませる効果がある

行動
やってもらいたい行動を書く
そこであなたにやってもらいたい事は○○です

メリット
そうすれば○○が叶います

4.ページ当たりのテーマを絞る

・資料の請求
・メルマガの登録
・商品購入
等どれか1つをそのページのゴールとし、欲張って売り込まない

5.サービスにストーリーを持たせる

社長・社員のプロフィール、経営姿勢、失敗談、苦労話
商品・サービスに対する思いをストーリーを掲載
この人なら安心、そんな人が一生懸命やってくれるサービスなら安心
と思ってもらえる情報を載せる

ノウハウを掲載する

ノウハウがお客にとってメリットがあれば広告効果が高まる
お客にとってのメリットが無料であれば「信頼」を得られる


大人気ベーカリーショップが実践する「儲かる現金管理ノート」
「5ステップで儲かるお店をつくる」ガイドブック
小さな会社の事業継承成功法則「2代目の心得」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。