SQL 関数:数値関数

一覧

関数 取得 第二引数 結果
ROUND 四捨五入 小数点以下の桁数 ROUND(5.55 , 1) 5.6
TRUNC 切り捨て 小数点以下の桁数 TRUNC(5.55 , 1) 5.5
MOD 余り MOD(10, 3) 1
GREATEST 最大 GREATEST(1, 3, 5) 5
LEAST 最小 LEAST(1, 3, 5) 1

四捨五入

ROUND(対象、実行桁数)
※実行桁数 = 四捨五入後の小数点以下の表示数
⇒実行桁数の更に下の桁の四捨五入を行う
ROUND(555.555, 1) ⇒555.6
ROUND(555.555, 2) ⇒555.56
ROUND(555.554, 2) ⇒555.55

ROUND(対象)
※ROUND(~,0)と同じ
ROUND(555) ⇒555
ROUND(555.55) ⇒556
ROUND(555.40) ⇒555

日時の四捨五入
※例:ROUND('15-06-22 17:30:30', '~')

四捨五入ルール
時間:~11時→当日/12時~→翌日
日:~15日→当月/16日~→翌月
月:~6月→当年/7月~→翌年

ROUND(日時) ※引数省略時
=ROUND(日時, 'DD')
ROUND(日時, 'YYYY')
→15-01-01 00:00:00
ROUND(日時, 'MM')
→15-07-01 00:00:00
ROUND(日時, 'DD')
→15-06-23 00:00:00
ROUND(日時, 'HH')
→15-06-22 17:00:00

ROUND(対象、実行桁数)
※実行桁数 = 四捨五入後の小数点以下の表示数

ROUND(145.50 , 0 ) ⇒ 146.00(145.50)
ROUND(145.45 , 0) ⇒ 145.00(145.45)
ROUND(-145.50 , 0) ⇒ -146.00(-145.50)
ROUND(-145.45 , 0) ⇒ -145.00(-145.45)

ROUND(145.45 , 1) ⇒ 145.50(145.45)
ROUND(145.45 , 2) ⇒ 145.45(145.45[])
ROUND(145.45 , -1) ⇒ 150.00(145.45)
ROUND(145.45 , -2) ⇒ 100.00(145.45)

切り捨て

※Truncate(切り取り)の略

TRUNC(対象、実行桁数)
※実行桁数 = 切り捨て後の小数点以下の表示数
⇒実行桁数の更に下の桁の切り捨てを行う
TRUNC(555.555, 1) ⇒555.5
TRUNC(555.555, 2) ⇒555.55
TRUNC(555.559, 2) ⇒555.55

TRUNC(対象)
※TRUNC(~,0)と同じ
TRUNC(555) ⇒555
TRUNC(555.55) ⇒555
TRUNC(555.99) ⇒555

日時の切り捨て
※例:TRUNC('15-06-22 17:30:30', '~')

TRUNC(日時) ※引数省略時
=TRUNC(日時, 'DD')
TRUNC(日時, 'YYYY')
→15-01-01 00:00:00
TRUNC(日時, 'MM')
→15-06-01 00:00:00
TRUNC(日時, 'DD')
→15-06-22 00:00:00
TRUNC(日時, 'HH')
→15-06-22 17:00:00
TRUNC(日時, 'MI')
→15-06-22 17:30:00
TRUNC(日時, 'SS')
→エラー

余り

MOD(10, 3)
⇒ 1