仮想化技術

仮想化とは

CPU、メモリ、ストレージ、通信回線など、コンピュータ資源を、物理的構成に拠らず分割したり統合したりすること。
サーバ仮想化
1台のサーバコンピュータをあたかも複数台のコンピュータであるかのように論理的に分割し、それぞれに別のOSやアプリケーションソフトを動作させる
ストレージ仮想化
複数のディスクをあたかも1台のディスクであるかのように扱い、大容量のデータを一括して保存したり耐障害性を高める

仮想化タイプ

ホスト型
ハイパーバイザー型
コンテナ型

ホスト型

OS上に仮想化用のソフトウェアをインストールし、この上で仮想マシンを稼働させる方式
(このソフトウェアもハイパーバイザと呼ばれる。(=ホスト型ハイパーバイザ)
ゲストOSと呼ばれるアプリケーションの1つとして動作するが、元OS(ホストOS)も動作させる為にリソースを多く消費する。
手軽なのでテスト用にクライアントの仮想化で使用される。
VMwarePlayer、VirtualBox等

ハイパーバイザー型

OSの下で稼働させるソフトウェア(仮想化OS)をインストールし、その上で複数のOS(ゲストOS)を同時に稼働させる方式
ホスト型におけるホストOSに該当するOSは無く、無駄なオーバーヘッドが無い。
ハードウェアに搭載されている資源(CPU、メモリ、ストレージ等)を各ゲストOSへ分割・割当する。
複数のサーバーを1台のハードウェアで稼働させる目的で使用される。
Xen等

コンテナ型

1カーネル上で単一のLinuxOSのプロセスを複数稼働させる仮想化方法。
各プロセスは同一のカーネル、同一のOSを利用する為にリソースの消費が少ない。
各プロセスは固有、他へ影響せず、全てrootで操作可能
OSのインストール等も不要で高速・軽量

Docker

コンテナ型仮想化ソフトウェア
インフラ環境がDockerfileとしてコード化されており
・環境の複製・移動が高速・容易
・環境の変更履歴を管理可能
・環境のアップロード・ダウンロードが高速・容易

VMWare 仮想環境をコピーする方法

(1)データコピー

仮想マシン設定/オプション/全般
vmware_copy

・ワーキングディレクトリのフォルダを全てコピー。
例 C:\VMWare\UbuntuBefore
・コピーしたフォルダの名前を変更
例 C:\VMWare\UbuntuAfter

(2)仮想環境ファイル名称変更

※他PCで動作させる場合は不要
フォルダ内の以下の拡張子のファイルをリネーム
.nvram
.vmdk(“-s<数字3桁>.vmdk” は除く)
.vmsd
.vmx
.vmxf

(3)仮想環境設定値変更

※他PCで動作させる場合は不要
.vmxファイルをテキストエディタで開き、古い値を編集(置換)
ide0:0.fileName
scsi0:0.fileName
displayName
nvram
extendedConfigFile
checkpoint.vmState(値自体がはじめから無い場合あり)

(4)仮想マシン実行

VMWarePlayerにて、「仮想マシンを開く」
vmxファイルを選択

Debianインストール方法②

インストール時の注意

インストール中(長い)はVMWare内からマウスカーソルが出ない。
「Ctrl」+「Alt」キーを押すとWindowsに戻れる。
再びVMWareの操作に戻るにはVMWareをクリック。

イメージファイルの指定

VMWarePlayer起動後、「新規仮想マシンの作成」を選択
vmware26

インストーラディスクイメージファイルで、
Debianインストール方法①」でダウンロードしたインストーラファイルを指定。
警告「このディスクイメージのOSの種類を~」が出るが無視。
debian1

ゲストOS設定

debian2

debian3

debian4

debian5

debian6

インストール開始

debian7

debian8

debian9

debian10

debian11

debian12

debian13

debian14

debian15

debian16

debian17

debian18

debian19

debian20

debian21

Debianにインストールするアプリケーションの選択

デフォルトでは選択されていない「GNOME」を選択
GNOME=デスクトップ環境設定ツール
debian22

debian23

debian24

debian25

Debianインストール方法①

ゲストOS:Linuxインストール方法

Linux配布サイトから、「CD/USB ISOイメージ」を選択。
vmware4

「HTTPまたはFTPを使ってCD/DVDイメージをダウンロードする」を選択。
vmware5

ページ下部の日本のサイトから「FTP」か「HTTP」を選択。
vmware6

「debian-X.X.X-amd64-DVD-1.iso」を選択。
vmware10

「X.X.X」を選択。
vmware7

ホストOSが64bitの場合は、「amd64/」を、32bitの場合は「i386/」を選択。
vmware8

「iso-dvd/」を選択。
vmware9

「debian-X.X.X-amd64-DVD-1.iso」がダウンロードされるので、
どこか自分で分かる所に移動。
後々、VMWareでゲストOSを起動する度にこのファイルが必要になる。

VMWarePlayer インストール方法

VMWare概要

Windows/Linux上で動作する、PC/AT互換機エミュレータ。
Linux上でWindowsを動かしたり、
Windows上でLinuxを動かしたりできる。

VMWarePlayerインストール方法

公式サイト
の「ダウンロード」ページへ。
vmware1

「VMWare Player」をダウンロード。
vmware2

「ホストOS」の種類に応じて「ダウンロード」を選択。
vmware3

インストーラー「VMware-player-X.X.X-XXXXXXX.exe」がダウンロードされるので「実行」。
全て「はい」や「次へ」や「OK」を押してインストール完了。

初回起動時

「メールアドレス」を入力します。
特に案内等は来ないです。
vmware25

ゲストOSのインストール

ホストOS(お使いの物理PC上のOS)の上でVMWarePlayerを起動し、
更にゲストOS(仮想PC)を起動、ゲストOS上で更にアプリケーションを操作します。
Windows/Linux等のゲストOSのイメージファイルをダウンロード済みであれば、
「新規仮想マシンの作成」を選択し、
Debianインストール方法②」を参考に「インストーラディスクイメージファイル」にお持ちのファイルを指定して実行します。
まだであれば、
Ubuntu公式サイト(Ubuntu)
SentOS公式サイト(SentOS)
マイクロソフト公式サイト(WindowsXP。ホストOS:Windows7のみ。)
等からダウンロードします。
なお、Linuxの1つDebianのインストールディスクをダウンロードする場合は、
Debianインストール方法①」を参照。
vmware26

実際のWindows等のインストールディスクがあればVMWarePlayer上にインストールする事もできます。