残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

序章 なぜ、「成功する人の条件」を誰もが勘違いしているのか

第1章 成功するにはエリートコースを目指すべき?

リスクを冒さず、親や学校から言われた通りにするのは得か損か。
高校の首席、無痛症の人びと、ピアノの神童から得られる洞察

ルール内で優秀な人、ルールを守れない人、それぞれに周りのサポートが必要だがそれぞれ必要なサポートの種類は異なる。
自分がどちらのタイプでどういう環境(サポート)が必要なのかを把握する事が必要

第2章 「いい人」は成功できない?

信頼や協力、親切について、ギャング、海賊、連続殺人犯から学べること

Win-Winはいい人同士でなければ成立しない
Giver:自分から与える人(善人)
Taker:自分だけ貰う人(悪人)
Matcher:バランスを取る人(普通)

著者の調査(公平だと思われる)では、
得をするのはTaker
損をするのはGiver
Matcherは普通
しかしGiverの一部が最も得をする。
一部の行動
相手がTakerの場合に自分もTakerになる
相手がTakerの場合でも定期的にGiveする(相手を許す)

第3章 勝者は決して諦めず、切り替えの早い者は勝てないのか?

道のりが困難でも最後までやり遂げる是非について、海軍特殊部隊シールズ、見合い結婚、バットマン、オンラインゲームから学べること

1万時間を投じれば人より抜きんでたスキルを習得する事ができる。
時間を投じるのはその分野で良いのか?
習熟した後、更にその分野に時間を投じるのか?別の分野を探すのか?
その判断はいつ、どうやって行うのか?

最も時間を集中させる事が見つかっているか?
楽観主義か?(必要な場合に)
有意義なストーリーを持っているか?
生活にゲームの要素を取り入れているか?
面白いゲームに含まれる4つの共通要素
・勝てること(Winnable)
・斬新であること(Novel)
・目標(Goals)
・フィードバック(Feedback)

時間とエネルギーは有限だと認識できているか?
常に新しい分野に小さな掛けを試みているか?

第4章 なぜ「ネットワーキング」はうまくいかないのか

人質交渉人、一流コメディアン、史上最高の頭脳を持つ人から、人脈づくりの最強戦略を学ぶ

外交的 内向的
組織での評価 高い
技術 高い
リーダーシップ 能力が低い組織で有効 能力が高い組織で有効

有効なネットワークを作る方法
・友達になる
・ギバーになる
・問題は解決しない事を理解する、説明しない、説得しない、感謝する、時間をかける

第5章 「できる」と自信を持つのには効果がある?

チェスの達人、特務機関、カンフー詐欺師、恐怖不感症の人びとから、自信と妄想の境界を綱渡りする術を学ぶ

自信がある人は努力しない。人に好かれない。しかし本人は満足。
自信が無い人は努力する。人に好かれる。しかし本人に心の平安は無い。
どちらが良いのか?
結論は「自分を許す」事
自分でない自分を演じる必要はない。自分を騙さない。自分を受け入れ、人には最高の自分を見せる様努力する
目標があれば他人との勝ち負けでなく、自分で設定した小さな勝利を得る事を目的にする。そしてその勝利にだけ満足する

第6章 仕事バカ…それとも、ワーク・ライフ・バランス?

どうやって家庭と職場の調和を見つけるかを、スパイダーマン、アルバート・アインシュタイン、チンギス・ハンから学ぶ

仕事バカの家庭は崩壊している事が多い。
しかも大昔ならともかく1万時間掛けてもより多くの時間を掛けた高技能者は世界中に居る。
もっともっと!を求めてもそれが報われる事は難しい。おまけに幸せでもない。
ワークライフバランスが必要。
バランスは以下の幸福の四要素から取る

1.幸福感 生活から喜び、満足感を得る事
2.達成感 何かの分野で他から抜きんでる事
3.存在意義 「身近な」人々に良い影響を与えている事
4.育成 「身近な」人々の未来の成功を助けている事

そして計画する。
人生に満足するには人生をコントロールしている感覚が必要。
何かにコントロールされていると満足できない。
幸福の四要素のバランスを取るべく、どれにいつ、何時間を割り当てるか?の計画を練る

結論 本当に人生を成功に導く法則は何か…

・自分のスキルを発揮できる環境にいるか?
・周りがギバーに囲まれたギバーになれているか?
・自分にストーリーがあるか?
・自分を助けてくれるネットワークに所属しているか?
・内向性/外向性を生かせる仕事をしているか?
・自分を許せているか?
・幸福の四要素のバランスを取れているか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。