JAVA 環境設定

JDK

インストールフォルダ

java1

環境変数設定

java5

java2
「新規追加」からJDKのパスを登録
(※追加後、「上へ」を押して新規追加した「JDK」のパスを一番上へ)

java4
変数:「Path」にJDKインストールパス(~\java\jdk~\bin)
変数:「JAVA_HOME」にJDKインストールパス(~\java\jdk~)を追加

java3

ターミナルから確認
java6

Javaコアクラス
・java.lang
・java.io
への参照パスは不要
クラスパス
独自作成のクラス、他社ベンダーのクラスへの参照パス

コンパイル

javac -sourcepath (ソースパス) (対象ディレクトリ)

機能
複数ソースのコンパイル javac a.java b.java c.java
全ソースファイルのコンパイル javac *
コンパイル先を指定
指定ディレクトリから開始
次にクラスパスをコンパイル
javac -sourcepath (ソースパス) (対象ディレクトリ)
クラスパス指定 クラスパス設定」参照

実行

機能
実行 java (クラスファイル名) (引数1) (引数2)
メモリ量を指定して実行 java -Xms256M -Xmx1024M ~
-Xms初期メモリ量
-Xmx 最大メモリ量
値の末尾のM:メガバイト
クラスパス指定 クラスパス設定」参照
Windowsの場合
OSのログオフ時に強制終了させない
java -Xrs (クラスファイル名)

クラスパス設定

クラスやライブラリの参照設定

※C:\dir1\com\office\yone\Test.java
package com.office.yone
import lib.*;
publi.class Test{
 public static void main (String[] args){
  System.out.println("Test");
  new lib();
 }
}
※C:\dir2\lib\Lib.java
package lib;
public class lib{
 public lib(){
  System.out.println("lib");
 }
}
dir1
 └com
  └office
   └yone
    └Test.java
dir2
 └lib
  └ lib.java
C:\dir2 > javac lib\lib.java
→OK
C:\dir1 > javac com\office\yone\Test.java
→コンパイルエラー ※Libが見つからない
C:\dir1 > javac -classpath C:\dir2 com\office\yone\Test.java
→OK
結果
dir1
 └com
  └office
   └yone
    └Test.class
dir2
 └lib
  └ lib.class


C:\dir1> java com.office.yone.Test
→実行時エラー ※Libが見つからない
C:\dir1> java -classpath C:\dir2 com.office.yone.Test
→実行時エラー ※com.office.yone.Testが見つからない
C:\dir1> java -classpath .;C:\dir2 com.office.yone.Test
→OK
※実行時のクラスパス指定の際、コンパイル時とは違って、自ディレクトリをクラスパスに含める必要がある

Tomcat

環境変数設定

Tomcat3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。