Linux コマンド:ファイル/ディレクトリ操作

バッチコマンド(Linux/DOS/PowerShell)
Linux コマンド:グループ・ユーザー・権限
参照

ファイル操作

nautilus

ファイルマネージャーで開く
 $ nautilus test1
 ※test1というファイルorディレクトリをファイルマネージャーで開く

tar

アーカイブ作成/展開
※圧縮/解答ではない。
オプション(大小文字の区別あり)
-c 書庫を新規に作成する
-x 書庫からファイルを取り出す
-v 処理したファイルの一覧を詳細に表示する
-f ファイル名:指定した書庫ファイルまたはデバイスを使用する。
-C ディレクトリ名:指定したディレクトリに移動してから動作を始める
arc_dirディレクトリ内のファイルを,書庫(書庫名.tar)にする
$ tar cvf 書庫名.tar arc_dir
書庫ファイルを展開する
$ tar xvf 書庫名.tar

zip/unzip

解凍
$ unzip (ファイル名).zip

圧縮ファイル内容一覧
$ unzip (ファイル名)

圧縮
$ zip (圧縮後ファイル名).zip (圧縮前ファイル名)
例:$ zip after.zip *.txt

7z

インストール
yum install –y p7zip–full

解凍
7za x ~.7z

gzip

圧縮
gzip (ファイル名)

解凍
gzip -d ~.gz

テキスト操作

cat

ファイルの中身を出力

head/tail

先頭/末尾n行のみ出力する。
head -n 10
tail -n 10

head – 10
tail – 10
nは省略可

sed

1~10行目を除外して表示
sed –e '1,10d' test.txt

1~10行目を除外して保存
sed –i –e '1,10d' test.txt

wc

テキスト・ファイルの行数、単語数、バイト数を表示
$ wc (ファイル名)

行数のみ表示
$ wc –l (ファイル名)

grep

引数を含む行のみを抽出する。
$ cat /etc/passwd | grep /bin

cut

入力文字列を引数で分割する。
$ /etc/passwd cut -d ‘:’
文字列を’:’で分割し、1番目の列のみ抽出する。
$ etc/passwd cut -d ‘:’ -f 1

sort

入力文字列をソートする
$ /etc/passwd sort

wc

入力文字列の行数を取得する
$ /etc/passwd wc -l

diff

差分表示
$ diff (ファイル1) (ファイル2)

uniq

上下行の重複を削除
$ sort (ファイル名) | uniq

vi

モード切り替え
INSキー:編集モード(テキスト編集)
ESCキー:コマンドモード
終了
q:保存無し終了
q!:変更有でも保存無し終了
w:保存&終了しない
wq:保存&終了:
検索
/(正規表現):前方検索
?(正規表現):後方検索
n:次の候補
N:前の候補