さくらVPSへのWordPress構築方法

概要

WEBサイト(htmlファイル)が公開できる状態になっている事が前提。
さくらVPSでのWEBサイト公開方法」参照。
php、MySQL、WordPressのインストールを行う。

PHP

インストール

WordPressの動作にはPHPが必要なのでインストール。
PHPインストール
# yum install php

日本語ライブラリ
# yum install php-mbstring

PHP開発用
# yum install php-devel

MySQL関連ライブラリ
# yum install php-mysql

画像ライブラリ
# yum install php-gd

標準拡張ライブラリ
# yum install php-pear

ここまでの状態でhtmlフォルダにindex.phpを配置すると、phpファイルがブラウザで閲覧できます。

PHP設定

PHPバージョン確認
# php -v

php情報表示
php -i
php --ini
php.iniパス
Debian
/etc/php5/cli/php.ini

CentOS
/etc/php.ini

PHP設定ファイルバックアップ
# cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org
アップロードファイルサイズ拡大
post_max_size = 128M
アップロードサイズ拡大
upload_max_filesize = 128M
エラー表示/非表示
display_errors = On/Off
表示エラーレベル(全て/軽微なエラーを除いたエラー)
error_reporting = E_ALL/E_NOTICE

MySQL

WordPressはデータベースMySQLを使用する為、これもインストールします。
データベースサーバー:MySQL/MySQL」参照

phpMyAdmin

クライアントのブラウザから遠隔操作できるデータベースソフトのインストール(必須ではない)
データベースサーバー:MySQL/phpMyAdmin」参照

WordPress

WordPress.orgの日本語版サイト」より最新のWordPressバージョンを確認しておきます。
htmlディレクトリへ移動
# cd /var/www/html
WordPressダウンロード
# wget
圧縮ファイルの解凍
# tar xvzf wordpress-4.3.1-ja.tar.gz
WordPress関連ファイルをhtmlディレクトリへ移動
# mv wordpress/* /var/www/html
WordPress関連ディレクトリの操作権限付与
# chown -R apache:vpsuser *
# chmod -R g+w *

ここまでの時点でIPアドレスをブラウザに入力するとWordPressをブラウザで閲覧できる。
初回はWordPressの初期設定が自動的に開始される。

パーマリンク設定時の設定

WordPressファイルの上書き設定
これをしないとパーマリンクによるURL制御が行えない。