VirtualBox③ Vagrant

Vagrantとは?

環境構築ツール
VartualBox等、仮想化ソフトウェア上に、OS・ツールがインストールされた状態の環境を構築できる。
仮想化ソフトウェア上の環境でテストや開発を行い、何か失敗して環境がおかしくなった場合に、環境を削除して再度、環境を復元したり、その環境を他人に渡して全く同じ環境を構築してもらう事が可能。

インストール

VirtualBoxをインストールする。
インストール方法及び、注意事項含む設定方法はVirtualBox① インストール参照。

環境構築ツール「Vagrant」インストール方法
VirtualBox(今回例)上に仮想OSを構築する事を目的とするが、
VirtualBox上の仮想OSを起動してから仮想OSへVagrantをインストールするのではなく、ホストOSにインストールする
公式ダウンロードサイト
ダウンロードしたファイルを実行 ⇒ NEXT×2~3回
コマンドプロンプトから、
vagrant -v
と入力。
Vagrant 1.6.3
等が表示されればインストール成功。
ホストOSにおけるVagrant設定を行う事
VirtualBox② Ubuntu インストール・設定/Vagrant使用の為の設定」参照

box

box(仮想マシンイメージ)のインストール
「box」はvagrantで利用するゲストOSを含めた仮想マシンの設定ファイル。
自分で作成する事もできる。

Ubuntu用boxファイルダウンロードサイトからインストールしたいboxファイルをダウンロードする。
Ubuntu、SentOS、何でも可。
vagrant box add 自分で付けるファイル名 アドレス

vagrant box add test https://~

boxの一覧
vagrant box list
⇒test (virtualbox,0)

使用可能なコマンドの一覧
vagrant box -h
⇒add,list,outdated,remove,repackage,update

VagrantFileの作成
vagrant init test

vagrant起動(仮想マシン起動)

vagrant up

状態確認
vagrant status

vagrant up後。
upの度に仮想マシンが増えていく。
vagrantup2

仮想マシンのbox化
vagrant up後、
vagrant package
package.boxに作成されたpackageをbox化
vagrant box add box名 package.box
boxファイル(Vagrantfile)は以下のフォルダに作成される
C:\Users\(Windowsユーザー名)\.vagrant.d

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。