ポストバックを発生させる方法

ASP.NETコントロールのイベントをハンドルする

【index.aspx】(クライアント側処理)
<asp:button
  id="myAspButton"
  runat="server"
  OnClick="myAspButton_Click"
  Text="myAspButton"></asp:button>

【index.aspx.vb】(サーバー側処理)
Public Class index
  Inherits System.Web.UI.Page

  
  <asp:button>はサーバー側で処理できるコントロール
  Protected Sub myAspButton_Click(sender As Object, e As EventArgs)
    Handles myAspButton.Click
    ‘ここを通る
  End Sub
End Class

AutoPostBackプロパティをTrueに

TextBox、RadioButton、CheckBox等はデフォルトでは値を変更してもポストバックが発生しない。
即、サーバーに処理を移したい場合にこの設定を行う。
【index.aspx】(クライアント側処理)
<asp:TextBox
  ID="myText"
  runat="server"

  AutoPostBack="True&quot;
  OnTextChanged="myText_TextChanged">
</asp:TextBox>
【index.aspx.vb】(サーバー側処理)
Public Class index
  Inherits System.Web.UI.Page

  
  protected void myText_TextChanged(object sender, EventArgs e)
  {
    //ここを通る
  }
End Class

クライアント側操作でサーバーに処理を移す方法

【index.aspx】(クライアント側処理)

htmlリンク
↓ ASP.NETコントロール
<asp:button
  id="myAspButton"
  runat="server"
  OnClick="myAspButton_Click"
  Text="myAspButton"></asp:button>

↓ htmlコントロール
<a href="#" id="myLink">aaa</a>
<script type="text/javascript">
  $(function () {

    //htmlコントロールはクライアント側で処理
    $("#myLink").click(function () {
      //<asp:button>の「click」イベントを発生させる
      $("#myAspButton").trigger("click");
    });
  });
</script>

【index.aspx.vb】(サーバー側処理)
Public Class index
  Inherits System.Web.UI.Page

  
  <asp:button>はサーバー側で処理できるコントロール
  Protected Sub myAspButton_Click(sender As Object, e As EventArgs)
    Handles myAspButton.Click
    ‘ここを通る
  End Sub
End Class

株式会社米良太事務所の最新情報をお届けします

1週間でできる会員サイト「Limited」

1週間でできる会員サイト「Limited」
必要最小限。だから分かりやすい。始めやすい。続けやすい。
限定① 安⼼・安全の会員制
限定② 必要最⼩限の機能
限定③ 独⾃機能を追加可能