cross-env

cross-envとは

Node.js用ライブラリ
npmスクリプト実行(ビルド)時に環境変数を設定
実行開発環境、検証環境、本番環境等を切り替えられる

インストール

npm install --save cross-env

設定

環境ファイル

※env.local.js
module.exports = {
 BASE_URL : 'http://localhost:10080/'
}

※env.production.js
module.exports = {
 BASE_URL : 'http://office-yone.com/'
}

package.json

{
 〜
 "scripts": {
  〜
  "dev": "cross-env NODE_ENV=\"local\" nuxt",
  "build": "nuxt build",
  "start": "nuxt start",
  〜
 },
 〜
}

nuxt.config.js

localを環境変数environmentに設定
const environment = process.env.NODE_ENV || 'local';

env.local.jsの読込指定
const env = require(`./env.${ environment }.js`)

module.exports = {
 〜
 env: env
}

環境変数利用

let aaa = process.env.BASE_URL

Follow me!

前の記事

npm/yarn

次の記事

webpack