Docker

Docker用語

コンテナ

イメージの実行時インスタンス

Docker Compose

コンテナの実行管理ツール
複数のコンテナの同時実行等が可能
Dockerとは別にインストールが必要

レジストリ

Privateレジストリ
Dockerイメージを管理するツール
≒リポジトリ

Publicレジストリ
=Docker Hub
全Dockerユーザ共用のレジストリ

設定

Docker Toolbox

以下からダウンロード
https://github.com/docker/toolbox/releases

Windows10HOMEの場合
最新のバージョンだと動作しないので以下をダウンロード
v18.06.1-ce

コマンド

実行環境操作
コマンド 機能 備考
docker --version バージョン確認
docker-machine ls Docker実行環境一覧
イメージ操作
コマンド 機能 備考
docker images Dockerイメージ一覧 docker image ls
docker image pull [イメージ名]:[タグ名] DockerイメージPULL
docker build [イメージ名]:[タグ名] [Dockerfileパス] DockerfileからDockerイメージ作成
docker rmi [イメージID] Dockerイメージ削除
docker rmi -f [イメージID] Dockerイメージ強制削除
コンテナ操作
コマンド 機能 備考
docker ps Dockerコンテナ(実行中)一覧 docker container ls
docker ps -a Dockerコンテナ(停止中)一覧
docker run [イメージ名]:[タグ名] Dockerコンテナ起動 docker container run
docker start [イメージ名]:[タグ名] 停止中のコンテナを起動 docker container start
docker stats [イメージ名]:[タグ名] コンテナのリソース使用状況を表示 docker container stats
docker stop [イメージ名]:[タグ名] 実行中のコンテナを停止 docker container stop
docker rm [コンテナ名] コンテナ削除 docker container rm
docker atacch [コンテナID] コンテナ接続
docker commit [コンテナ名] [リポジトリ名]:[新タグ名] コンテナ→イメージ docker commit centos7 centos:new_centos7

オプション

オプション 機能 備考
-t Dockerコンテナの標準出力とホストの標準出力を同期
-i Dockerコンテナの標準入力とホストの標準入力を同期
-it ホストで入力したキー入力がDockerコンテナで入力、実行され、Dockerコンテナで表示される実行結果がホストに表示される
-d デタッチモードに
(コンテナがバックグラウンドで起動される)
docker run XXX ~ -d
-p ホストのポート番号とDockerのポート番号を同期
コンテナ作成時のみ
-p 8080:80
-v ホストのディレクトリとDockerのディレクトリを同期 -v "C:\test\:/test/"
--name [名称] コンテナに名前を付ける docker run --name XXX centos:centos7
--privileged ~ /sbin/init 特権モードで起動
systmctl実行でき可能に
docker run -d -it -p ~ --privileged ~ /sbin/init

操作例

コンテナ名:centos7でコンテナをバックグラウンド起動
リポジトリ:centos、タグ:centos7 のイメージから
docker run -d -it --name centos7 centos:centos7

コンテナ名:centos7のコンテナに接続、bash実行
docker exec -it centos7 /bin/bash

コンテナ(停止中)の内容をイメージに保存
docker commit [コンテナ名] [リポジトリ名]:[新規タグ名]
docker commit centos7 centos:centos7httpd

新しく作成したイメージからコンテナ作成
docker run -d -it --name centos7httpd centos:centos7httpd

ApacheのDockerイメージをPull
docker pull httpd

http://localhost:8080 で /usr/local/apache2/htdocs/ を表示
docker run -d -p 8080:80 httpd

http://localhost:8080 で ホスト側のC:\Test\ を表示
docker run -d -p 8080:80 -v "C:\Test\:/usr/local/apache2/htdocs/" httpd

1週間でできる会員サイト「Limited」

1週間でできる会員サイト「Limited」
必要最小限。だから分かりやすい。始めやすい。続けやすい。
限定① 安⼼・安全の会員制
限定② 必要最⼩限の機能
限定③ 独⾃機能を追加可能

次の記事

AWS CLI