Laravel Homestead

Homesteadとは

Laravel公式の開発環境構築ツール
vagrantと一緒に使用する

手順

1.homestead用Vagrant boxをダウンロード
vagrant box add laravel/homestead

2.Vagrantfileを含む一式のファイルをダウンロード
https://github.com/laravel/homestead

3.Homestead.yaml.exampleを元にHomestead.yamlを作成
Homestead.yamlを一部編集

4.hostsファイルでvagrantのip、ドメインを紐付

5.vagrant up

6.共有フォルダにlaravelインストール

設定ファイル

hosts

192.168.10.10 test.domain

Homestead.yaml

---
ip: "192.168.10.10"
memory: 2048
cpus: 2
provider: virtualbox

鍵ファイル
authorize: ~/.ssh/id_rsa.pub

keys:
 - ~/.ssh/id_rsa

ローカル〜仮想サーバ上の共有フォルダ設定
folders:
 ローカル絶対パス
 - map: D:\develop\Homestead\code
  仮想サーバ絶対パス
  to: /home/vagrant/code

sites:
 ドメイン名
 vagrant up後はこのドメインでlaravelアプリにアクセスできる
 - map: test.domain
  to: /home/vagrant/code/public

databases:
 - matching

features:
 - mysql: true
 - mariadb: false
 - postgresql: false
 - ohmyzsh: false
 - webdriver: false

#services:
# - enabled:
#  - "postgresql@12-main"
# - disabled:
#  - "postgresql@11-main"

# ports:
#  - send: 50000
#   to: 5000
#  - send: 7777
#   to: 777
#   protocol: udp

Follow me!

前の記事

Swagger

次の記事

Laravel Passport