Linux 環境系

サービス

概要

バックグラウンドで動作するプログラム
≒デーモン

ランレベル
ランレベル 名称 備考
0 halt システムが停止をしている状態
1 Singlle user mode シングルユーザー、ネットワークログインなし、CUI
2 Multiuser without NFS マルチーユーザー、ネットワークログインなし、CUI
3 Multiusr マルチーユーザー、ネットワークログインあり、CUI
4 -(unused) (未使用)
5 Multiuser(with GUI) マルチーユーザー、ネットワークログインあり、GUI
6 reboot 再起動中

サービススクリプト保存場所
/etc/init.d
現在のランレベル
runlevel
ランレベル設定確認
chkconfig –list (サービス名)
ランレベル設定
chkconfig –level 3 (サービス名) on
chkconfig –level 3 (サービス名) of

起動・停止・状態確認
機能 コマンド
サービス起動 service (サービス名) start
サービス停止 service (サービス名) stop
サービス再起動 service (サービス名) restart
サービス状態確認 service (サービス名) status
サービス自動起動開始 chkconfig (サービス名) on
サービス自動起動停止 chkconfig (サービス名) off
サービス自動起動確認 chkconfig –list (サービス名)
サービス一覧 sysv-rc-conf –list
機能 コマンド
サービス起動 systemctl start (サービス名)
サービス停止 systemctl stop (サービス名)
サービス再起動 systemctl restart (サービス名)
サービス自動起動開始 systemctl enable (サービス名)
サービス自動起動停止 systemctl disable (サービス名)
サービス自動起動確認 systemctl is-enabled (サービス名)
サービス一覧 systemctl list-unit-files –type=service
サービス状態確認 systemctl status (サービス名)
サービス状態詳細確認 journalctl -xu (サービス名)
例 journalctl -xu httpd.service

バックグラウンドジョブ表示

jobs

プロセス

シェルのバックグラウンド実行

nohup (シェル) &
例:nohup wget http://~ &
バックグラウンド実行中の結果はnohup.outに出力される

プロセス表示

ps x
~を含むプロセス
ps x | grep ~

プロセス停止

kill (プロセスID)

CPU

cat /proc/cpuinfo
flagsの値群にlmがある→64ビットCPU

カーネル

uname -a
X86_64/amd64→64ビットカーネル

OS

CentOSバージョン

$ cat /etc/redhat-release

その他

history

コマンド履歴の表示
100番目のコマンドを再実行
$ !100

date

現在日付を表示
date
指定フォーマットで現在日付を表示
date “+%Y%m%d %H%M%s”
→ 20190202 101010
指定フォーマットで現在日付のファイル名のファイルを作成
touch aaa`date “+%Y%m%d %H%M%saaaa.txt”`
→ aaa20190202 101010aaa.txt

1週間でできる会員サイト「Limited」

1週間でできる会員サイト「Limited」
必要最小限。だから分かりやすい。始めやすい。続けやすい。
限定① 安⼼・安全の会員制
限定② 必要最⼩限の機能
限定③ 独⾃機能を追加可能