SQL DDL/DML/DCL

目次

SQL

リレーショナルデータベース操作言語
DML
DCL
DDL
に大別される。

DML

DataManipulationLanguage
データ操作言語。
データの操作(検索・挿入・更新・削除)
DML文での操作はRollBackで取消可能。
・ SELECT(検索)
・ INSERT(挿入)
・ UPDATE(更新)
・ DELETE(削除)

SQL DML:副問い合わせ」参照
SQL DML : データ型」参照
SQL DML:制御文」参照
SQL DML:複合問い合わせ(UNION)」参照
SQL DML : 集計(グループ化)」参照
SQL DML : 結合(JOIN)」参照
SQL DML : 基本操作(CRUD)」参照

DCL

DataControlLanguage
データ制御言語。
・データベースのユーザー権限管理
・データのトランザクション処理
・ GRANT(権限の付加)
・ REVOKE(権限の剥奪)
(以下はトランザクション言語に分類される事もある)
・ COMMIT(変更の確定)
・ ROLLBACK(変更の取り消し)
・ SAVEPOINT(トランザクション中のポインタ)

SQL DCL:シノニム」参照
SQL DCL:ユーザー、ロール、権限」参照
SQL DCL : トランザクション」参照

DDL

DataDefinitionLanguage
データ定義言語。
データベース、テーブル、ビュー等の定義・作成
DDL文はRollBackできない。
・ CREATE(作成)
・ ALTER(変更)
・ DROP(削除)
・ TRUNCATE(削除)

SQL DDL:プロファイル」参照
SQL DDL:表領域」参照
SQL DDL:トリガー定義」参照
SQL DDL:ドメイン定義」参照
SQL DDL:ストアド定義」参照
SQL DDL : シーケンス定義」参照
SQL DDL : インデックス定義」参照
SQL DDL : View定義」参照
SQL DDL : テーブル定義」参照

1週間でできる会員サイト「Limited」

1週間でできる会員サイト「Limited」
必要最小限。だから分かりやすい。始めやすい。続けやすい。
限定① 安⼼・安全の会員制
限定② 必要最⼩限の機能
限定③ 独⾃機能を追加可能