SQL 関数:システム関数

存在チェック


IF OBJECT_ID( 'dbo.TestTable', 'U') IS NOT NULL
  DROP TABLE TestTable;
CREATE TABLE TestTable
(
  ~
);

更新された行数を取得

IF @@ROWCOUNT = 0
PRINT 'エラーメッセージ';

エラー時の値

BEGIN TRY
  ~
END TRY

BEGIN CATCH
  SELECT
    エラー内容を表す番号
    ERROR_NUMBER() AS ErrorNumber,
    
    エラーが発生したストアド名/トリガー名等
    ERROR_PROCEDURE() AS ErrorProcedure,
    
    エラーが発生した行
    ERROR_LINE() AS ErrorLine,
    
    エラーメッセージ
    ERROR_MESSAGE() AS ErrorMessage;
    
END CATCH;

1週間でできる会員サイト「Limited」

1週間でできる会員サイト「Limited」
必要最小限。だから分かりやすい。始めやすい。続けやすい。
限定① 安⼼・安全の会員制
限定② 必要最⼩限の機能
限定③ 独⾃機能を追加可能

前の記事

SQL 関数:数値関数

次の記事

SQL 関数:変換関数