在庫管理②:総平均法

以下の通り仕入れと販売を行った場合

仕入れ 販売
人参 \700 35本 ¥20/本 人参 0本
人参 \450 15本 ¥30/本 人参 30本

 

左側グループ(借方) 右側グループ(貸方)
入 出
適用 個数 金額 単価 適用 個数 金額 単価
繰越 35 700 20 売上 30 ? ?
仕入 15 450 30 在庫 20 ? ?
計 50 1,150 23 計 50

 
仕入れ額(平均)
¥20 × 35本 + ¥30 × 15 = ¥1,150
単価(平均)
¥1,150 ÷ 50 = ¥23
売上(平均単価で計算)
¥23 × 30 = ¥690
在庫(平均単価で計算)
¥23 × 20 = ¥460

入 出
適用 個数 金額 単価 適用 個数 金額 単価
繰越 35 700 20 売上 30 690 23
仕入 15 450 30 在庫 20 460 23
計 50 1,150 23 計 50 1,150 23

上記の様に、複数回の仕入れがあり、かつ繰越がある場合でも、
仕入れ単価を平均して売上を計算する方法を「総平均法」という
仕入れた商品のうち、古い商品と新しい商品は、
それぞれ均一に売れていくと仮定している。
メリット:計算が単純なので楽。
デメリット:締め毎でないと計算できない。

Follow me!