VMWarePlayer インストール方法

VMWare概要

Windows/Linux上で動作する、PC/AT互換機エミュレータ。
Linux上でWindowsを動かしたり、
Windows上でLinuxを動かしたりできる。

VMWarePlayerインストール方法

公式サイト
の「ダウンロード」ページへ。
vmware1

「VMWare Player」をダウンロード。
vmware2

「ホストOS」の種類に応じて「ダウンロード」を選択。
vmware3

インストーラー「VMware-player-X.X.X-XXXXXXX.exe」がダウンロードされるので「実行」。
全て「はい」や「次へ」や「OK」を押してインストール完了。

初回起動時

「メールアドレス」を入力します。
特に案内等は来ないです。
vmware25

ゲストOSのインストール

ホストOS(お使いの物理PC上のOS)の上でVMWarePlayerを起動し、
更にゲストOS(仮想PC)を起動、ゲストOS上で更にアプリケーションを操作します。
Windows/Linux等のゲストOSのイメージファイルをダウンロード済みであれば、
「新規仮想マシンの作成」を選択し、
Debianインストール方法②」を参考に「インストーラディスクイメージファイル」にお持ちのファイルを指定して実行します。
まだであれば、
Ubuntu公式サイト(Ubuntu)
SentOS公式サイト(SentOS)
マイクロソフト公式サイト(WindowsXP。ホストOS:Windows7のみ。)
等からダウンロードします。
なお、Linuxの1つDebianのインストールディスクをダウンロードする場合は、
Debianインストール方法①」を参照。
vmware26

実際のWindows等のインストールディスクがあればVMWarePlayer上にインストールする事もできます。

1週間でできる会員サイト「Limited」

1週間でできる会員サイト「Limited」
必要最小限。だから分かりやすい。始めやすい。続けやすい。
限定① 安⼼・安全の会員制
限定② 必要最⼩限の機能
限定③ 独⾃機能を追加可能