RSSを自分で更新する方法

概要

RichSiteSummary
ブログを含むWEBサイトの更新情報。
XMLで成る。
更新情報を受け取り、解釈するにはRSSリーダーを使う。
Atomという規格も使われてきており、こちらが将来標準化の見込み。
サイトマップとは別。
別にする事によってアクセス数等にどう影響するか?はGoogle等の方針による。

RSSフィード

ブログ等の更新情報をXML形式で提供すること。
またはRSSデータそのもの。

<head>
  <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="~" href="http://○○○/rss.xml" >
</head>
href属性にてRSSファイルのURLを指定。拡張子は.xml/.rdf。
Atom
<head>
  <link rel="alternate" type="application/atom+xml" title="~" href="http://○○○/atom.xml" >
</head>

RSSファイル

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<rss version="2.0">
<channel>
  <title>ブログタイトル</title>
  <description>ブログ説明</description>
  <link>http://office-yone.com</link>
  <language>ja</language>
  <pubDate>Sun, 1 Jan 2012 06:00:00 +0900</pubDate>
  <lastBuildDate>Thu, 8 May 2012 06:00:00 +0900</lastBuildDate>
  <generator>sakura Version 2.1.1.1</generator>
  <webMaster>yone@office-yone.com</webMaster>
  <copyright>>Copyright (c) 2014 株式会社米良太事務所</copyright>
  <item>
    <title>記事タイトル</title>
    <link>http://office-yone.com</link>
    <guid isPermaLink="true">http://office-yone.com/~</guid>
    <author>yone@office-yone.com (ブログ管理人連絡先)</author>
    <pubDate>Thu, 8 May 2012 06:00:00 +0900</pubDate>
    <category>カテゴリー</category>
    <description>ブログの説明</description>
  </item>
</channel>
</rss>