SEO:代表的な手法

Google表示順位アルゴリズムの判定基準

キーワード要素

・タイトル
・meta keywords
・meta description
にユーザーに検索して欲しいキーワードを盛り込む。
SEO:Google表示順位アルゴリズム/キーワード要素」参照
文章として自然に。
セマンティック・ウェブの観点から意味を汲み取れる事が必要。
SEO:Google表示順位アルゴリズム/ハミングバード」参照
独自性も必要。

サイトテーマ要素

sitemap.xmlを作成する。
SEO:Google表示順位アルゴリズム/サイトテーマ要素」参照

リンク要素

・内部リンク
ページ移動が自由なサイトを作る。
・外部リンク
表示順位の高いページからのリンクをもらう。
SEO:Google表示順位アルゴリズム/リンク要素」参照
SEO:Google表示順位アルゴリズム/ペンギンアップデート」参照

独自性

・自社の強みを強調
※強みだけを提示。ただし弱みのフォローは必要。
※良い、欲しいと思われるコンテンツを作る
・広告掲載量・場所の変更
※コンテンツが先。広告は後
SEO:Google表示順位アルゴリズム/パンダアップデート」参照

新しさ

サイトを頻繁に更新する。
会社の場合WEB担当者は必須。
Amazon/WordPressがSEOに強い理由
Amazonではユーザーレビューとしてユーザーが頻繁にページを更新する。
Wordpressはページ作成後、自動的にSitemap.xmlが作成・更新される。
結果的にページが新しいと見なされる。
SEO:Google表示順位アルゴリズム/パンダアップデート」参照
ページの更新予定が無い場合、属性自体を後で削除するのも有効と思われる。
SEO:Google表示順位アルゴリズム/サイトテーマ要素」参照

インデックス数

インデックス数=入口の数
インデックス数に応じて外部リンク数も多くなる。
検索結果として表示される確率も高くなる。
Facebook/Twitterからのリンクも有効。
SEO:インデックスに登録する方法」参照

その他

レコメンド機能(購入者の買った商品)
コラム・アンケートを載せる
インフォグラフィックの利用
※SNSによるフォローをもらい易い

SEOの最終目的

×:アクセスUP
○:収益UP
出口(問い合わせページ)を用意する

カテゴリーSEO