ASP.NET Gloval.asax

ASP.NET Gloval.asax

概要

ASP.NETアプリケーションにおいて実行させる処理をまとめたファイル
~.aspxや、~.aspx.cs、~.cshtml、~.csファイル等に書かずに、
「Gloval.asax」として(固定)アプリケーションルート直下に置く事で一番最初に処理される。
特定の条件時のみ実行される「条件付きイベント」
リクエストの度に実行される「リクエストイベント」
がある。

記述例

public class Global : HttpApplication
{
  void Application_Start(object sender, EventArgs e)
  {
    // アプリケーションのスタートアップで実行するコードです
    BundleConfig.RegisterBundles(BundleTable.Bundles);
    AuthConfig.RegisterOpenAuth();
    RouteConfig.RegisterRoutes(RouteTable.Routes);
  }
  void Application_End(object sender, EventArgs e)
  {
    // アプリケーションのシャットダウンで実行するコードです
    
  }
  void Application_Error(object sender, EventArgs e)
  {
    // ハンドルされていないエラーが発生したときに実行するコードです
    
  }
}

条件付きイベント

アプリケーション起動時(最初の1回のみ)
Application_Start
未処理のアプリケーション異常発生時
Application_Error
アプリケーション終了・アンロード時
Application_End
ユーザセッション開始時(最初の1回のみ)
Session_Start
ユーザセッションセッション破棄・タイムアウト時
Session_End

リクエストイベント

リクエスト開始時(開始する前)
BeginRequest
リクエスト終了時(終了する前)
EndRequest
リクエスト認証開始時
AuthenticateRequest

1週間でできる会員サイト「Limited」

1週間でできる会員サイト「Limited」
必要最小限。だから分かりやすい。始めやすい。続けやすい。
限定① 安⼼・安全の会員制
限定② 必要最⼩限の機能
限定③ 独⾃機能を追加可能