DBA インストール手順

OUI

Oracle Universal Installer
要するにインストーラ

ダウンロード

Oracle公式サイト
メディアからではなくダウンロードファイルからインストールする場合、
ファイル2つをダウンロード後、
database\stage\Components
の中身を1つにまとめます。

要件

要件

最小値
物理メモリ (RAM) 1GB
スワップ領域 RAM (MB) スワップ領域
1,024~2,048 RAM × 1.5
2,048~8,192 RAM と同じ
8,192超 RAM × 0.75
/tmp 内のディスク容量 400MB
ソフトウェアファイル用ディスク容量 3.22GB
データベースファイル用ディスク容量 1.5GB

要件 最小値
物理メモリ (RAM) 1GB
スワップ領域 RAM × 2.0
一時ディスク容量 200MB
ハードディスク容量 4.55GB

インストール開始

通常、↓ OracleUniversalInstallerを用いてインストールを行うとありますが・・・
OUI

ダウンロードファイルからインストールを行う場合は以下の画面でインストールされます。
oracle_install (1)

「データベースの作成および構成」
を選択すると後述するDBCAを直接起動する場合とは異なる画面でデータベースの作成まで終了しますが、
(内部でDBCAを起動しているらしい)
ここでは
「データベース・ソフトウェアのみインストール」
を選択してインストールを行います。

oracle_install (6)
以下を設定します。
・ Oracleベース
環境変数:ORACLE_BASE
同一サーバに複数のデータベースをインストールする場合でも、
通常Oracleベースは1つ。

・ Oracleホーム
環境変数:ORACLE_HOME
同一サーバに複数のデータベースをインストールする場合でも、
Oracleホームは分ける必要がある。
(OracleホームはOracleベース内に設定)

他は基本的に、
「次へ」
を押すだけで終了します。

NetCA

Oracle Net Configuration Assistant
ネットワーク関連設定ツール
リスナーをインストールできる。

リスナー作成

Oracleデータベースを使用するにはデータベースを作成すると同時にリスナーの作成が必要
リスナーの概要及び作成方法については「DBA OracleNet」参照

DBCA

Oracle DBCA使用方法」参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。