DBA テンプレート

テンプレートとは?

DBCAにおいてデータベースを作成する際の雛形
テンプレートファイルを用いる事で、同じデータベースを作成可能。
Oracleに用意されたテンプレートに加え、
既存のデータベースからテンプレートを作成できる。
また、テンプレートファイルをエディタで修正して作成するデータベースの内容を変更する事も可能。

DBCA:テンプレート管理

DBCAの一機能
事前定義されたデータベース情報
新規にデータベースを作成する場合もデフォルトで用意されているテンプレートを用いてデータベースを作成する。

dbca (2)

dbca

シードテンプレート

種類 テンプレート内容 作成方法
シード
テンプレート
既存のデータベース構造
既存のデータベース物理データファイル
既存のデータベースを使用
(データおよび構造)
非シード
テンプレート
既存のデータベース構造

既存のデータベースを使用
(構造のみ)

作成対象

シードテンプレート 非シードテンプレート
データベース構造
データベースオプション
表領域
データファイル
初期化パラメータファイル
ユーザ定義スキーマ
ユーザ定義データ
物理データファイル

テンプレートファイル

保存場所

$ORACLE_HOME\assistants\dbca\templates

データベース・コンポーネント




























コンポーネント  選択済 
Oracle JVM true
Oracle Text true
Oracle XML DB true
Oracle Multimedia true
Oracle OLAP true
Oracle Spatial true
Oracle Label Security false
サンプル・スキーマ false
Enterprise Managerリポジトリ true
Oracle Application Express true
Oracle Warehouse Builder true
Oracle Database Vault false
Oracle Database Extensions for .NET false
初期化パラメータ
















































名前 内容
audit_file_dest {ORACLE_BASE}\admin\{DB_UNIQUE_NAME}\adump
audit_trail db
compatible 11.2.0.0.0
control_files ("{ORACLE_BASE}\oradata\{DB_UNIQUE_NAME}\control01.ctl", "{ORACLE_BASE}\flash_recovery_area\{DB_UNIQUE_NAME}\control02.ctl") 制御ファイル
db_block_size 8KB データブロックサイズ
db_name
db_recovery_file_dest {ORACLE_BASE}\flash_recovery_area
アーカイブREDOログファイル保存先をフラッシュリカバリ領域に設定
DBA バックアップ/フラッシュリカバリ」参照
db_recovery_file_dest_size MB
diagnostic_dest {ORACLE_BASE}
dispatchers (PROTOCOL=TCP) (SERVICE={SID}XDB)
memory_target 250MB
自動メモリー管理」設定時のメモリサイズ
SGA + PGA
0 指定時は自動メモリー管理:無効

open_cursors 300
processes 150
remote_login_passwordfile EXCLUSIVE
undo_tablespace UNDOTBS1
キャラクタ・セット






名前
データベース・キャラクタ・セット JA16SJISTILDE
各国語キャラクタ・セット AL16UTF16
データファイル


















名前  表領域   サイズ(M) 
{ORACLE_BASE}\oradata\{DB_UNIQUE_NAME}\SYSTEM01.DBF SYSTEM 680
{ORACLE_BASE}\oradata\{DB_UNIQUE_NAME}\SYSAUX01.DBF SYSAUX 440
{ORACLE_BASE}\oradata\{DB_UNIQUE_NAME}\UNDOTBS01.DBF UNDOTBS1 25
{ORACLE_BASE}\oradata\{DB_UNIQUE_NAME}\USERS01.DBF USERS 5
{ORACLE_BASE}\oradata\{DB_UNIQUE_NAME}\TEMP01.DBF TEMP 20
制御ファイル



名前
{ORACLE_BASE}\oradata\{DB_UNIQUE_NAME}\control01.ctl
{ORACLE_BASE}\flash_recovery_area\{DB_UNIQUE_NAME}\control02.ctl
REDOログ・グループ








グループ サイズ(K)
1 51200
2 51200
3 51200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。