ASP.NET Webフォーム Traceオブジェクト

ASP.NET Webフォーム Traceオブジェクト

概要

デバッグ用。
発生イベントや処理時間、変数を取得・表示する機能。

トレース内容

・要求の詳細
リクエスト情報。
要求時間、文字エンコーディング、HTTPステータス等。
・トレース情報
各メソッドの処理順序、処理時間
・コントロールのツリー
ページ上のコントロールを階層式に表示
・クライアントが送信したHTTPヘッダに含まれているクッキーの値とサイズ
・HTTPヘッダの情報
・フォーム変数情報
・セッション変数
・サーバ変数
・アプリケーション変数
・クエリ情報
asp_net_trace

設定方法

Pageディレクティブから
<%@ Page
 略
 Trace="true" %>

Web.configから
<configuration>
 <system.web>
  略
  <trace enabled="true" traceMode="SortByTime"/>
 </system.web>
</configuration>

メソッド

protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
{
 Trace.Write(message: this.HyperLink1.Text);
 ※黒文字でトレース情報を出力
 
 Trace.Warn(message: this.HyperLink1.Text);
 ※赤文字でトレース情報を出力
 
}

1週間でできる会員サイト「Limited」

1週間でできる会員サイト「Limited」
必要最小限。だから分かりやすい。始めやすい。続けやすい。
限定① 安⼼・安全の会員制
限定② 必要最⼩限の機能
限定③ 独⾃機能を追加可能